症例:糖尿病とそれに伴う倦怠感やしびれなど


不定期ですが、過去の施術例や現在通院中の方の症状、治療の概略をご紹介しています。
はり・灸の治療がどのような症状に対してどのように考えて行われているか、
ご自身の状態と似た症状の方がすでに治療を受けているか、など参考になさってください。
なお、当然のことながら個人が特定できないよう配慮いたしております

「糖尿病と、それに伴う倦怠感やしびれなど」

40代男性

〇これまでの経過〇
2年半前~重度の糖尿病により腎機能が低下し、血糖コントロールをしないと命に関わる状態と診断。
以後インスリン注射や投薬、食事制限などで、いったん血糖値は安定しているが、腎機能はまだ少し低下状態とのこと。
腰が痛く、膝から下は少ししびれを自覚している。
疲れやすく、階段の上り下りでも息が切れてしんどい。仕事での疲労が抜けないので、もう少し元気に暮らしたいとの希望。

〇鍼灸院としての診断〇
数年にわたる糖尿病の状態、またそれ以前から長らくの不摂生と多忙により、身体の気の消耗が激しく、巡りは虚損している状態と考えた。
人体の気の生産を司る脾の働きをしっかりと補うことを狙い、まだ若さもあることと合わせて予後は良とし、回復を目指した。

〇施術方針〇
初診での東洋医学的診断は左適応の脾虚肝虚の相剋調整。
腹の力もなく、べとつき冷えて全体的に虚している状態。徹底的に気を補う方針とした。

〇施術内容〇
一回目…
左の脾経、心経の気を補い、右の肝、腎の経も同様に補う。
右の胃経にも補法の鍼をおこない、お腹と背中の虚しているところをお灸で温め、終了。

二回目(一週間後)
ひざから下のしびれた感じが少し良かった気がする、とのこと。他体調は変わりなし。
一回目とほぼ同様の治療。

三回目、四回目も同様に、身体の元気を補い、体調を底上げする狙いで治療。
五回目(初回から一か月ほど)で、日常の段差が苦に感じなくなり、階段の上り下りが楽になった、とのこと。またおおむね体調が良いと感じられる日々が増え、仕事後の疲れかたが楽になり、起床時のスッキリ感が感じられるようになってきた。

以降、十回目の治療までは週に一回程度。
途中に仕事が多忙のため腰痛が出たりするときもあったが、以前より回復も早く、不安感がなかったとのこと。
その後は二週に一回と間隔をあけ、現在(初診から2年近く)では月に一回の定期治療にてメンテナンスを継続。
治療に使う経絡は都度変更もあるが、おおむね脾の経絡を中心に補い、身体の状態に合わせて腎の経絡を主体とするときもあった。

定期的な医師の診察でも、現在は数値上問題ない状態を維持できていると言われている。

〇施術後のケア〇
本人も病識があり血糖値や体重コントロールをしっかりと行えていて、定期的な医師による診察と検査もあるため、当院としての特別な指示は無し。

押してもだめなら…

こんにちは、大林です。
今日は治療の考え方のお話を…。

当院では、「ほかに行っていたけど、なかなか良くならないから…」と
おっしゃる患者さんがわりと頻繁にお見えになります。
いわゆる「最後の砦」「藁をもつかむ…」という位置づけになりやすいのが鍼灸ですね。
だって痛そうですし、よくわからないし…ある意味仕方ないことでもあります。

また他の院と言っても病院、接骨院、整体院、鍼灸院…様々です。
中には何年もかけて何か所もめぐって、「最後に鍼でもいいから」とうちへたどり着いてくださる方も。

そういう方々の身体を診ると、
・痛い箇所は基本的に固く、しかも深い
・全体的には体の気は虚してしまっている
・流れ方も悪く、色つやも少なく、肌に元気な感じが少ない

だいたいこんな感じで、症状が出てから長いため身体の気が不足し、
本来なら自分の身体で治せるものもうまく治せない状態に陥っています。
また、痛い場所、主訴部の表面は力なく虚しているけれど、その奥に固く滞った塊が触れます。
そして仕方のないことですが、ご本人には「体の気が虚している」自覚はないです。
なのでいつも通りの生活を送り、「どうして治らないんだろう」「痛みがすぐぶり返すんだろう」とお困りなのです。

このような方々の治療は、押して押して、足し算ばかりの治療ではなかなかうまくいかないことが経験的にわかっています。

押してダメなら引いてみるのです。

つまり、「治療量を減らす」「刺激する量を減らす」ことが、
身体の働きを呼び覚ます鍵となります。

マッサージにしろ、接骨院での電気や手技療法にしろ、
症状が取れてこないと「もっともっと」となりがちです。
これは患者さんも、施術者側も同じだと思います。
「あれがだめならこれも、これがだめならそれも加えていこう」
「これだけやったんだから、何かが変わってくれるだろう」
となるのが人情でもあり、西洋医学的な考え方の主流でもあるからです。

そこに少ない刺激で身体の様子を伺うようにそーっとした治療で身体の気を補うと、
身体が「今までのと何か違うぞ…?」という感じで反応します。

例えば

子供たちが騒いでいる教室で、先生もそれに負けないよう大きな声で「静かにしなさーい!」と言い聞かせようとしている状態と、
騒いでいる子供たちに対し静かに待つ先生を見て、生徒たちの中から「ちょっと静かにしよう」と自発的な動きが出てくる状態と…。

そんな感じを思い浮かべるとイメージしやすいかもしれません。
どちらがその場に適しているかはその都度の判断ですが、
今回ご提案しているのは後者なのです。
身体からの反応を待つのです。それを呼び起こせるだけの少ない刺激量で。

これには、患者さん自身もある程度の我慢が必要になります。
「早くどうにかしたい、してほしい」という焦りの気持ちの我慢です。

そればかりは申し訳ないですが…
今まで時間をかけて作り上げられてしまった体の状態が変わるには、
ほとんどの場合数週間~数か月はかかります。

ですがその間も少ない刺激の治療を受けた体は変化し続けます。
その変化をできれば楽しんでいただきたいし、「気の調整」を受けていただいたからには楽しみに観察していただきたい。

鍼灸はときに魔法のように劇的な変化を起こすこともありますが、
魔法のように見えるだけで、実は魔法ではありません。

その後、身体の働きが底上げされた後で以前に行っていた治療院さんの治療を受けると、
前よりも良い効果を実感しやすかったり…そんなこともあるものなんです。

半年以上、ときには何年も同じ症状に苦しめられている方が多くおられます。
足し算の治療から引き算の治療へ
少しばかり方針転換を考えてみられるのもいいと思います。

今かかっておられる治療院の先生や病院の先生にも、
「治療手段のどれかを止めて、身体の変化をみる」という相談をしてみられると、
きっと良い方法を一緒に考えてくださると思いますよ。

空間除菌について

こんにちは、大林です。

COVID-19、新型コロナウイルスの流行状況についてはまだまだ油断しきるには早い状況ですが、
暑さがやってきたのもあって、津山市内でもマスクをしている人が明らかに減った気がします。
杞憂に終わればよいのですが…。

さて、そんな中でもはりきゅうのすすめでは変わらず感染予防と院内消毒を徹底しています。
具体的には
・必ずマスク着用
・施術前後の手洗いとアルコールで手指消毒。鍼を開封した後なども
・患者さんの施術が終わる毎にベッド、リネン類、ドアノブなどの清拭
・常時窓を開放、または頻回の換気
・患者さんにも来院時のアルコール手指消毒の実施

あとは、基本の「十分な睡眠、栄養、適度な運動」で生活を規則正しく丁寧にすること。
以上のことを、来院くださる皆様と自分自身を守る意味で行っています。
当たり前のことを、当たり前にやることの大切さを日々感じますし、
習慣化されたことでさして負担に感じることもなくなってきました。

先日「空間除菌はやらないの?」と尋ねられたこともあり、今回はそのことについて書きます。

と言っても私は空間の除菌については専門的な知見もありませんので調べてみました。

…調べようとしてみました。

ですが「空間を除菌する」という概念は、医療の中には無いことがわかりました。

よくあるのは「次亜塩素酸水」を加湿器などで焚く方法が言われていますが、
調べてみても「やってみました」「このようにしています」という内容のブログ記事や宣伝ばかりで、
効果を調べて「有効である」とされているような根拠となる論文は、私には見つけられませんでした。
(もしご存知の方がいらしたら教えて頂きたいです)

そして「空間に塩素を含む微粒子をまく」ことの危険性を指摘する医師などの投稿も、
同時にいくつか確認できました。
曰く「空間にウイルスを殺す程度の濃度で次亜塩素酸水を撒くと、それを吸い込む人体にも有害である。濃度が薄ければウイルスにも効果は無く撒く意味もない」とのこと。

これも根拠となる論文は私には探せなかったのですが、「塩素ガスが人体に有害」ということは確かですので、
空間の塩素濃度が上がることは当然避けなければいけませんね。

ということで、空間の除菌は基本的に「換気」によって空間内のウイルスの量を減らすということ以外には無いようです。
よく「首から下げるウイルス対策」の商品も出回っていますが、消費者庁から注意喚起もされている「過大な効果の宣伝」には注意が必要です。
あと首から下げる除菌グッズも中身は塩素系ですから、水に濡れて雫が服についたりすると悲惨なことになるようですので、その点もお気をつけください。
空間を除菌しなくても、今までも言われてきた「手洗い、消毒をこまめにし、鼻・口・目を手で触らない」ことを基本にすれば十分な感染予防になりますので、

神経質になり過ぎずに、体調を整えて少々のウイルスが体に入っても大丈夫な状態を維持していきましょう。

新型コロナ、津山市と自分と

こんにちは、大林です。
立夏に入りましたが、昨夜から今朝は少し肌寒くなっていますね。
着るもの、羽織るものでしっかりと調節して、
首回りや足首など冷やさないようにしていきましょう。

さて、全国に向けられている緊急事態宣言を受けて、
ここ津山市でも新型コロナウイルス感染拡大を防止するため、
学校の休校や市営施設の利用停止などの措置が続いています。

そしてこれはひとまず5月末までと、連休明けの昨日7日に決定しました。
感染者拡大の状況が続くとなればさらに延長する可能性もあるとのこと。

津山市内では4月24日に感染者が確認されて以降、新たな感染者の確認はされていません。
津山市役所に勤めている知人も「市民の皆さん本当によく努力して協力してくださっている」と
言い、地方都市ならではの事情もあり皆さん感染予防にしっかりと努められている様子がわかります。

また全国に目を移すと、東京をはじめ大都市圏以外では、新規感染者が横ばいまたは減少となる地域もたくさんあります。
しかしここで気を抜いてはいつまたどこで感染者が増え始めるかわかりません。
治療薬とワクチンが開発され医療機関で一般的に使われるようになるまでは、
今まで通りの感染予防策をそれぞれが徹底するしかありません。

人間は良くも悪くも「慣れる」生き物です。
手洗いをはじめ様々な衛生習慣はすでに定着しましたし、
ウイルスという目に見えない存在をある程度意識して生活することにも段々と慣れてきます。

「どうなってしまうんだろう」という不安は人の体に悪影響をもたらしますし、
その精神的ストレスは様々な身体症状として表面化している人もいます。

「しんどい時は休む」

これも新たな生活習慣として当たり前になってほしいものの一つです。

以前も書きましたが東洋医学の歴史の中には疫病と戦ってきた時代のものもあります。
あくまで表に出ている症状に対してのものと、
「内傷無ければ外邪入らず」との言葉どおり、体の内側から疫病をガードするという治療の考え方が、東洋医学では示されています。

養生の基本に立ち返って、十分な睡眠、食事、規則的な生活習慣、運動。
まずはここからです。そして

・メンタルをやられてしまい気味の人
・肩や背中がばりばりに固くなってしまっている人
・胸やお腹が気持ち悪くなってしまった人
・心配事で眠りが浅かったり頭痛がきたりする人

どうぞ遠慮なく治療を受けて、楽になってください。
そうすることで体内の働きが正常に近づき、感染リスクを減らします。

症例:首の強い痛み

70代女性、2020年2月の症例です。

主訴:首の強い痛み

主訴に至るまでの経過…
慢性の首こり、肩こりがある。慢性の咳喘息もある。
ある朝、起き上がろうと思ったら首の緊張と痛みが強く起き上がることができなかった。
頭を少しでも動かすと首(特に右側)に痛みが走り、ほぼ動けず、生活がままならないということで往療依頼。
一か月前から家族が持病で入退院を繰り返すなどで精神的に緊張し、眠れない日々が続いていた。

当院の診断…
強い精神的ストレスがかかり続け、身体が耐え切れなくなり本人の弱い場所である首から背中にかけて症状が出た。睡眠不足解消と精神的ストレスの軽減が必要。
東洋医学的には「腎虚脾虚の相剋(そうこく)調整」という診断で治療を開始。

施術方針…
脈の状態は浮いて硬く、とても早い。
治療方針は上記の「腎脾相剋」、左半身のほうが気の流れがあるので左の腎と肺の気を補い、患部を流れる経絡の流れを促す
患部に痛みを出している固い邪気を、複数回に分けて取っていくことが重要。
ある程度高齢ということと、慢性疲労の積み重ねで症状が溢れた状態ということで、継続治療が必要

施術内容…
・施術1回目(発症当日)
上記方針の通り、左の腎・肺の気を補い、その後で患部を流れる経絡の詰まりを取り流れを促す。
目の動きしかままならなかった状態が、左右とも30°程度、首を回すことができるようになった。

・2回目(発症翌日)
昨日とは痛みの場所が下がり、まだかなり痛い。起き上がり座った状態でいられるので、座位で昨日と同じ方針で治療。

・3回目(発症4日目)
当初と反対側の左の首が痛いとのこと。腎虚証は変わらないが、痛む場所を流れる経を選び直した。
首の動きは、左右とも70°ほど回せて、上下に動かすことも、痛みは残るけれど「こんなに動かせるようになった」と本人談。

・4回目(発症5日目)
入浴や掃除ができるまで回復。肩甲骨と背骨の間のあたりの痛みと凝り感は残るが、首の動きは8割方回復したとのこと。
治療方針は変わらないが、ツボの状態に合わせて鍼の深さや補う時間はその都度変化している。

以降、かなり生活動作が安定してきたので往療から来院に切り替える。

・5回目以降は3日に1回、7回目以降は週に1回
6回目で主訴であったひどい首の痛みはほぼ消失。日常を元気に過ごせるようになる。

施術回数・頻度・期間は、発症当初はほぼ毎日。
6日間ほどで車を運転することができる程度になったので、来院に切り替える。
主訴がすっかり無くなってからは2週間に1回とし、再発防止と日々の疲れをとるために定期通院。

緊急事態に慣れてきたころに

こんにちは、大林です。
いい陽気が高まって、今日はすっきり晴れて暑いくらいになってきましたね。
緊急事態宣言が全国に出されて以降、感染が確認された人数は頭打ちのように見えますが…
ここで油断してはまた感染が広がる可能性が高いとされ、注意が呼びかけられていますね。

GWが明けても緊急事態宣言が延長されることはほぼ確定路線のようです。
私たち
一般人としては、防護服を着て無菌室に籠るわけにもいかないので、
冷静にできるだけの感染予防対策をとって過ごすしかない状況です。

当院は通常どおり営業していますが、これまで書いてきた通り、
「マスク着用、来院者が帰るたびにハイター薄め液でベッドやドアの取っ手を拭く、アルコールによる手指消毒の徹底、頻回の換気、郵便物や買い物の荷物の開封時の清拭」
など対策、予防策を徹底しています。

さて…

東洋医学では、新型コロナウイルスのように、感染力が強く体質にも関係なく、かかってしまうとみんな同じような症状を出すもののことを「疫癘(えきれい)の邪気」と言います。

東洋医学の発展の歴史の中にも、様々な伝染病、流行性の感冒のことが記されています。
「チャングムの誓い」とか「ホジュン」などお好きな方はお分かりのことかもしれません。
疫癘の邪気をどうしたらやっつけられるかは定かではありませんが、
出ている症状、身体の状態を捉えて、鍼灸で適切な補助を加えて気の巡りを整えることで
健康を取り戻すという営みは数千年続いてきたことです。

そうして積み上げられてきた経験値で東洋医学は成り立っています。
感染の率を減らすことと、もし感染しても無症状・軽症でやり過ごせる体を作るのに、
東洋医学、鍼灸で「治る力」を高めておくことはとても重要と思っています。

基本というか大前提ですが、手洗いや手指消毒、密を避けることに加えて日々の養生。
つまり「十分な睡眠、バランスの良い栄養、ストレス軽減・発散、運動」

基本的なことを当たり前に、真面目にやれるかどうかが本当に健康を左右する時代になっています。
「こうやったらよかった」は人により色々と差があるものですので、
自分なりに「気持ちよく過ごせる方法」を考え、試していきましょう。
当院の治療もお手伝いできる部分はありますので、
「何したらいいかわからない」となったらご相談ください。
電話だけでも大丈夫ですよ。

5月3~6日も、電話予約の上で治療対応いたします。

コロナ不安を少しでも解消してください

こんにちは、大林です。

現下の新型コロナウイルス流行状況に於いて、東京都をはじめとする都府県に非常事態宣言が出されました。
当院でも、患者の皆様方と私自身の感染予防といたしまして、マスク着用・院内消毒・手洗い・手指消毒を徹底しております。
皆様へのお願いとして、ご来院の際には玄関に設置しています手指消毒用アルコールを必ずお使いください。

長期にわたる外出の自粛やイベント中止、コロナ関連のニュースや感染に対する不安などから、
多くの方に「気の消耗」による様々な症状が見受けられます。

こんなときだから「どんどん来てください」とは申しませんが、
「気の調整」をおこなえるはり・灸治療はいつもと同じく積極的に受けて頂いて大丈夫です。
また、不安な気持ちを溜め込んだままでは体のはたらきも損なわれます。

鍼灸師の全国組織も「営業休止はしなくてもよい」と厚労省から確認を取ってくれています。
治療はもち
ろんのこと、マスク越しではありますが話をしましょう。
お話、ご相談だけでも事前に言って頂ければOKですよ(^^ゞ

この状況は少なくとも半年以上は続くと予想しています。
睡眠不足・運動不足・気疲れが長引くことはウイルスに対する抵抗力を下げるといわれます。
感染予防には「体に入るウイルスの量を減らす」ことと、「少量入ってもウイルスに勝てる身体内部のはたらき」が大切です。
まずは徹底的に前者が大切なのですが、当院は後者のお役に立てますので、有効にご活用くださいね。

 

気の病、血(けつ)の病

こんにちは。はりきゅうのすすめ、大林です。

台風10号が近づいていまして、患者さんのキャンセルもありでこの記事を書いています。
大きな被害が出ないよう祈るばかりです。

さて、今日は東洋医学の観点からみて患者さん、つまり皆様の状態がどう見えているかを書いてみます。

東洋医学ではヒトの体を気血の集合体として観察します。
気は、見えないけれど各種の「はたらき」として観察できるもの。
血(けつ)は、見えるし、触れる。具体的に形となって表れているもの。

ざっくりとした説明ですが、イメージは持って頂けるかと思います。

鍼灸治療院を訪れる皆様の症状は、痛みをはじめとして本当に様々です。
ですが大きく分けると、皆様の症状・お悩みは気の病と血(けつ)の病のどちらかに分類できます。(両方の状態を呈している方も、もちろん大勢います)

気の病とは、実際に触れる形となって現れてはいないけれど、皆様が体の症状として感じているもの。
血の病とは、腫れていたり、形が変わってしまっていたりするもの。

気の病として代表的なものは、「病院の検査で引っかからないけど、体の症状として感じている」というものたち。。。
具体的には不眠であったり、やる気が出ないとか、けだるいとか、腫れてもいないけど痛いとか…。

血の病としてわかりやすいものは、捻挫や打ち身とか、皮膚の発疹や蕁麻疹とかですね。

これらを観察していくことで皆様の体の状態として、気の変動が大きいのか、血の変動が大きいのかを把握していきます。
そして気の変動と血の変動、もしくはその両方かを把握したら、
治療においてはその日その時の体の状態に応じたはりやお灸の使い方を心がけて整えていきます。

今日のお話は、どちらが治りやすいかといった話ではありませんので、その点はご了承ください。
まだまだ世間では理解の少ない東洋医学からみた考え方を、少しでも知って頂ければ幸いです。

お読みいただき、ありがとうございました。

おおばやし