年始感

2021年が始まりました。
当院では相変わらず、経絡(けいらく)治療による皆様の体調管理、体調回復のお手伝いをしております。

年始にあたっては多くの方が抱負や目標をたて、今年一年、その目標に向かって邁進されることと思います。
私も例に漏れず個人的な目標を立ててそれを年間目標、月間目標などに分割していき、
進捗をできるだけこまめにチェックできるようにしています。

「具体的に書き出すこと」が良いそうで、
目に見える状態にしておくとやはりそれを意識しますので目標達成しやすいということですね。

そして、途中の変更やアップデート・ダウングレードは全然かまわない、ということも付け加えておきます。

日々少しずつ、月々少しずつ、年々少しずつ…

自分の暮らしが良くなっていく実感が持てれば、とても楽しい日々を送れると信じています。

「今できることに注力する」

そのためには正確な現状把握と、短期、中期、長期に分けた目標設定が必要です。
そうすることで自分自身の「今できること」が出てきますので。

コロナ禍にあって体調面でも精神面でも金銭面でも苦しい状況にある方も少なくない。
その中で、自分に今できることは何かとということを具体的に書き出して、具体的に行動する。

明けない夜はありませんし、止まない雨もありません。

丑年ということで、2021年、じっくりと参りましょう。

年末感

年末のご挨拶。

日々いろいろなことを思いますけれど、具体的に書き出すことをあまりしてこなかったツケ。
いざ書こうと思うと「あれ、、、なんだっけ」「どうやって書こうかな」となってしまうものですね。

今年は2月のコロナ禍のはじまりのころ、津山市上河原に新しく治療室を開設しました。
おかげさまで5月からは過去最高の来院数を更新し、
津山市中心部で多くの方に来ていただきやすくなったことが本当に良かったなと。

これからもできるだけ多くの方の力になれるよう、
少しでも病苦で苦しむ人の助けとなれるよう、
鍼の技術の研鑽を積んでいきます。

私たちの生活は新型コロナウイルスによって激変しました。
当たり前だったことが当たり前でなくなった。
一方で適切に、果敢に変化した人はこの状況下でも伸び、成長しています。

今できることは何か

これからもじっくりと自分に問い続け、できるだけ具体的に行動していこうと思います。
2020年は誰にとっても忘れられない年になるでしょう。

来年は、今年以上に多くの人に、しあわせとよろこびがありますように。
感染対策に気を配り、元気に新年をお迎えください。

 

年内は30日まで、年始は5日から診療開始です。

年末年始の日程について

年末年始の当院の予定をお知らせ致します。

・12月30日まで通常診療
28日と30日は鏡野院
29日は津山院

・12月31日~1月4日 お休み

・1月5日(火)から通常診療

1月11日(月・祝)も通常診療いたします。この日は鏡野院ですので、ご予約はお電話にてお願い致します。

津山市での新型コロナウイルス感染拡大と、当院の対応

久しぶりの更新です。
10月20日ごろから津山市内と周辺町村で相次いで新型コロナウイルス感染者が確認され、
二週間経った現在も感染者の確認数は増加中となっています。

この事態に対して当院でも、当然のこととなりますが警戒度を下げておりません。
患者さん入れ替わり時のベッド等院内の消毒、予約時間の間隔を開ける、こまめな換気などの対策をしています。
マスク、手指消毒は以前より当たり前のこととしています。

来院された皆様にも、お手数ですが玄関にて手指消毒とマスク着用をお願いしています。

ただこの事態に及んでは、再度の活動制限など行政命令が無い限り、
自分も、また皆様もどこでどのように感染してしまうかは全くわからない状況です。
どうしたって買い物は必要ですし、人との会話も当然ながら生活をしていればしなければいけません。

感染した方へは「お大事に」といういたわりの気持ちで、
できることをできるだけやり、心穏やかに過ごして参りましょう。

ストレスや漠然とした不安が抜けない方は、治療はしなくとも良いので
治療室へどうぞ。マスク越しではありますが、お話しましょう。
治療予約の隙間の時間であればお受けできますのでね。

背中が張るとか、頭が痛いとか、ストレスによる症状が出ている方は
治療も受けていただくと楽になると思います。

いずれの場合でもご相談やご予約はお気軽に。
ではまた。

11月3日(火・祝)お休みします

11月3日の祝日は終日休診とさせていただきます。

津山市内での新型コロナ感染確認が増えています。
基本的な感染対策を徹底するしかありませんが、ほとんどはそれで防ぐことができますので、
面倒がらずに手洗いと消毒を徹底してまいりましょう。

当院でも変わらず感染対策に努めていますので、安心してご来院ください。

ブログ「脈を診る、ということについて」

当院では、「脉診流経絡治療(みゃくしんりゅう けいらくちりょう)」という治療方法を主に採用しています。

治療を受けていただいた方にはわかるのですが、
脉診とは、主に手首で触れられる脈を診察することで身体の情報を探ることを言います。

実はその前段階の問診などで身体の状態にあたりを付け、それを脉で確認していく、という作業をしているのですが。

鍼灸師の勉強会では脉の診方を細かく練習していくのですが、
ここでは「脉で何を診ているのか」を解説します。

「こんな治療のやり方もあるんだー」とか、
「そういう考え方で身体にアプローチしてたんですね」

といった感じで、ゆるく読み物として読んでいただければ嬉しいです。
これを読んでくださった皆様の、医療の選択肢が広がることを願います。

さて、脉の話です。

東洋医学では、私たちの身体を動かしている、目には見えないエネルギーのことを「気」と名付けました。

「頭が痛いのは、ここを巡っている気の詰まりがあるからだ」とか、
「腰が痛いのは、ここを巡っている気が充満しすぎて余計なはたらきになっているからだ」とか、
「胃のもたれが不快なのは、ここを巡っている気が不足しているという警戒信号だ」とか…。

自然の変化を観察することで「気」という概念を想定した古代中国の人々は、それを人の身体にもあてはめ、
「気」の状態が変化することで私たちの身体も変わるという「事実」を積み重ねてきました。

そして、身体観察を積み上げ、「いくつかの場所に全身の状態が反映されている」ことを突き止めました。
顔とかお腹とか、耳とか手とか…そういったところです。
そして、手首の脈にもそのような考えが当てはまるという事実に行き着いたと考えられます。

病気の時は、脈はこんな状態
それが良くなっていくと、こういうふうに変化する…

そういった観察を積み重ねて、「こういうときはこんな脈の状態になる」ということをまとめていったのだということです。

脉を診るときに何を診ているの?と、時々尋ねられます。

答えは「あなたの気の状態」となるのですが、ものすごく曖昧な答えで恐縮です。
目に見えないし、「気」そのものは触れることはできないし…

ただ、その気の状態を反映している場所が手首の脈ということで、
そこを観察することで「今、あなたの気の状態がどうなっているの?」とみせて頂いているのです。

 

およそ一般論として、ですが…
ゆっくりした脈であれば冷えが入っているのかなとか、
早い脈であれば熱があったり、発熱はしていなくても体内に熱がこもっているのだろうとか、
脈の形が緩んでいたり崩れていたりしているときは、疲れで消耗しているのだろうとか、
表面が力なくて底のほうで力がある場合は、日中も眠いんじゃないだろうかとか、
固く緊張した脈のときは、痛みが強いのだなぁとか

脉がこういう状態であれば身体はこういう状況下にあるだろう、ということが経験的にわかっているわけなのです。

脉の状態を診させて頂くことで、
その時その時のあなたの身体の気の状態を知り、
問診でうかがった内容も併せて、身体の状態を考えます。

どこの気が不足しているのか
身体の働き(五臓六腑のはたらきのバランス)のうち、何が気のめぐりを滞らせているのか
あなたの暮らしの中で、何があなたの身体に余計な働きをさせているのか

そういったことを考えます。

その上で

不足していれところは補うし、
滞っていれば詰まりを取って流すし、
気が集まりすぎて余計な働きになってしまっている場合は、その余分なものを取り除いたり。

そういったことを鍼(はり)とお灸でもってやっているのが、東洋医学を基にした鍼灸治療なのです。

もちろん目指すのは中庸(ちゅうよう)

全身に平らかに気が伸び伸びとめぐっている状態、ですね。
東洋医学はバランスの医学なので、
右も左も上も下も中も外も前も後ろも、全部きれいにバランスよく気が巡っている状態を目指します。

全て均等に、というのとも少し違うのですが
このあたりはまたの機会に。

ではまた。

お盆期間、診療のお知らせ

8月11日(火)~15日(土)まで、通常どおり受付、治療いたします。

夏の暑さに負けないよう体調を整えておきましょう。
エアコンで体が冷えている方がとても多い現状です。
運動やお風呂などで適度に汗をかき、気血の巡りを促していきましょう。