症例:糖尿病とそれに伴う倦怠感やしびれなど


不定期ですが、過去の施術例や現在通院中の方の症状、治療の概略をご紹介しています。
はり・灸の治療がどのような症状に対してどのように考えて行われているか、
ご自身の状態と似た症状の方がすでに治療を受けているか、など参考になさってください。
なお、当然のことながら個人が特定できないよう配慮いたしております

「糖尿病と、それに伴う倦怠感やしびれなど」

40代男性

〇これまでの経過〇
2年半前~重度の糖尿病により腎機能が低下し、血糖コントロールをしないと命に関わる状態と診断。
以後インスリン注射や投薬、食事制限などで、いったん血糖値は安定しているが、腎機能はまだ少し低下状態とのこと。
腰が痛く、膝から下は少ししびれを自覚している。
疲れやすく、階段の上り下りでも息が切れてしんどい。仕事での疲労が抜けないので、もう少し元気に暮らしたいとの希望。

〇鍼灸院としての診断〇
数年にわたる糖尿病の状態、またそれ以前から長らくの不摂生と多忙により、身体の気の消耗が激しく、巡りは虚損している状態と考えた。
人体の気の生産を司る脾の働きをしっかりと補うことを狙い、まだ若さもあることと合わせて予後は良とし、回復を目指した。

〇施術方針〇
初診での東洋医学的診断は左適応の脾虚肝虚の相剋調整。
腹の力もなく、べとつき冷えて全体的に虚している状態。徹底的に気を補う方針とした。

〇施術内容〇
一回目…
左の脾経、心経の気を補い、右の肝、腎の経も同様に補う。
右の胃経にも補法の鍼をおこない、お腹と背中の虚しているところをお灸で温め、終了。

二回目(一週間後)
ひざから下のしびれた感じが少し良かった気がする、とのこと。他体調は変わりなし。
一回目とほぼ同様の治療。

三回目、四回目も同様に、身体の元気を補い、体調を底上げする狙いで治療。
五回目(初回から一か月ほど)で、日常の段差が苦に感じなくなり、階段の上り下りが楽になった、とのこと。またおおむね体調が良いと感じられる日々が増え、仕事後の疲れかたが楽になり、起床時のスッキリ感が感じられるようになってきた。

以降、十回目の治療までは週に一回程度。
途中に仕事が多忙のため腰痛が出たりするときもあったが、以前より回復も早く、不安感がなかったとのこと。
その後は二週に一回と間隔をあけ、現在(初診から2年近く)では月に一回の定期治療にてメンテナンスを継続。
治療に使う経絡は都度変更もあるが、おおむね脾の経絡を中心に補い、身体の状態に合わせて腎の経絡を主体とするときもあった。

定期的な医師の診察でも、現在は数値上問題ない状態を維持できていると言われている。

〇施術後のケア〇
本人も病識があり血糖値や体重コントロールをしっかりと行えていて、定期的な医師による診察と検査もあるため、当院としての特別な指示は無し。

症例:首の強い痛み

70代女性、2020年2月の症例です。

主訴:首の強い痛み

主訴に至るまでの経過…
慢性の首こり、肩こりがある。慢性の咳喘息もある。
ある朝、起き上がろうと思ったら首の緊張と痛みが強く起き上がることができなかった。
頭を少しでも動かすと首(特に右側)に痛みが走り、ほぼ動けず、生活がままならないということで往療依頼。
一か月前から家族が持病で入退院を繰り返すなどで精神的に緊張し、眠れない日々が続いていた。

当院の診断…
強い精神的ストレスがかかり続け、身体が耐え切れなくなり本人の弱い場所である首から背中にかけて症状が出た。睡眠不足解消と精神的ストレスの軽減が必要。
東洋医学的には「腎虚脾虚の相剋(そうこく)調整」という診断で治療を開始。

施術方針…
脈の状態は浮いて硬く、とても早い。
治療方針は上記の「腎脾相剋」、左半身のほうが気の流れがあるので左の腎と肺の気を補い、患部を流れる経絡の流れを促す
患部に痛みを出している固い邪気を、複数回に分けて取っていくことが重要。
ある程度高齢ということと、慢性疲労の積み重ねで症状が溢れた状態ということで、継続治療が必要

施術内容…
・施術1回目(発症当日)
上記方針の通り、左の腎・肺の気を補い、その後で患部を流れる経絡の詰まりを取り流れを促す。
目の動きしかままならなかった状態が、左右とも30°程度、首を回すことができるようになった。

・2回目(発症翌日)
昨日とは痛みの場所が下がり、まだかなり痛い。起き上がり座った状態でいられるので、座位で昨日と同じ方針で治療。

・3回目(発症4日目)
当初と反対側の左の首が痛いとのこと。腎虚証は変わらないが、痛む場所を流れる経を選び直した。
首の動きは、左右とも70°ほど回せて、上下に動かすことも、痛みは残るけれど「こんなに動かせるようになった」と本人談。

・4回目(発症5日目)
入浴や掃除ができるまで回復。肩甲骨と背骨の間のあたりの痛みと凝り感は残るが、首の動きは8割方回復したとのこと。
治療方針は変わらないが、ツボの状態に合わせて鍼の深さや補う時間はその都度変化している。

以降、かなり生活動作が安定してきたので往療から来院に切り替える。

・5回目以降は3日に1回、7回目以降は週に1回
6回目で主訴であったひどい首の痛みはほぼ消失。日常を元気に過ごせるようになる。

施術回数・頻度・期間は、発症当初はほぼ毎日。
6日間ほどで車を運転することができる程度になったので、来院に切り替える。
主訴がすっかり無くなってからは2週間に1回とし、再発防止と日々の疲れをとるために定期通院。

あらためて、治療のことを

こんにちは、大林です。
今日はあらためて、当院の鍼灸治療について書いてみます。最後にコロナウイルスのことも少し…。

まず…治療を受けてくださった方の多くは「今何してるん?」と思われていると推察します(^^;

当院は「基本の治療」として「脈を診ての全身調整」をおこなっています。
東洋医学の考えに基づき、主に手足のツボを使って体を流れる「気」の調整をおこなうことで、全身のはたらきを底上げ・調節します。
結果として「眠りやすい」「疲れが取れやすい」「疲れにくい」体の状態を目指し、「自分で自分を治せる」ようになっていただきます。
その過程としてつらい症状は緩和していきますし、すっかり無くなる症状もあります。

良くも悪くも体は「慣れる」ものです。ある程度繰り返し「いい状態」を体に覚えさせることがとても大切です。

治療に用いているものは「経絡(けいらく)」と名付けられた「人体を巡る『気と血』の主要道路」です。
正経12本、奇経8本あるとされ、この流れの中に数百の代表的なツボが存在します。
またこの流れは五臓六腑に根ざしているもので、それぞれ内臓の名前がついています。
私が治療中とか脈を診ているときにボソッと「腎と脾やなぁ~」と口をついて出てしまっているものがそれです(笑)

東洋医学では、人体の中心は内臓である五臓六腑であり、健康な状態とはそれらの働きのつり合いが取れていることとほぼ同義です。
五臓六腑の働きを整える手段として、鍼とお灸でもってそれぞれの経絡にアプローチしているのです。

簡単なところで言えば、風邪が入った状態の体なら、肺の経絡と、肺と深い関係があるとされる大腸の経絡に鍼をし、そこに入っている邪気を取り除けば楽になります。
ちょっと難しい例を言えば、何年来のこじらせてしまった症状や持病に対しては「肺と肝のつり合いが悪いので、脾の働きを補う」というようなことをしたりします。
これは五臓六腑の関係性があるからやっていることなのですが、さっぱりイメージはつかないと思います(^^;
「そんなこと考えながら治療をやってるんだな」ということをご理解いただければ、それでとっても嬉しいです。

COVID-19 新型コロナウイルスが流行しているこの状況に於きましては、見通しの立たない不安な日々が続きます。
緊急事態宣言も全国に拡大されてますます不安が募りますし、テレビの情報もネガティブなイメージを持たせるものが多くあります。

心の状態が不安定ですと、心身一如の言葉通り体調への悪影響が出ることがあります。
逆に言えば、体の調子を良くしておくことで不安な気持ちから来る悪影響を受けずに済む、あるいは少なくすることができると言えます。
すでに「コロナ鬱」とでも呼ぶべき症状・状態でしんどくなっている患者さんがおられます。

疲労感、腕や首回りなどの皮膚のゆるみ・乾燥、肩こり、背中の張り、気分の抑うつ状態などの訴えが多くなってきています。

「気の調整」を得意とする経絡治療を体調管理の一助にして頂いて、ウイルスに対する体の抵抗力をしっかりさせておきましょう。

気の調整~経絡(けいらく)とは??~

昨日は東洋はり医学会 瀬戸内支部の定例会でした。

古典に基づいたはり灸の治療理論を研究・追試して、より良い治療効果を出すための技術を学び合う会として活動しています。
(東洋はり医学会のHPはこちら→https://www.toyohari.net/)

私もこの会の瀬戸内支部長として、岡山県を中心に同じ指針で鍼灸治療をしているお仲間と研修会を続けています。

当院が採用している「経絡(けいらく)治療」とは、身体を流れる気の調整です。

「気」と聞くとイメージはしにくく怪しげにも聞こえますが…はるか昔の中国の人々は「気」という概念を用いることで、
昼だとか夜だとか、季節の移り変わりであるとか、身の周りの様々な現象を説明できることに辿り着いたようです。

気という、見えないエネルギーを仮定することで自然現象を理屈づけて、
自分たち人間も自然の一部、天地の影響を受けて暮らしているという考え方から、
人間にも気はめぐっているもので、その気のめぐりが悪くなったときが病気であるとしたのです。

…と言っても不確実なものではなく、
 膨大な数の「仮説と検証」を繰り返してきた結果、
 どうやら確からしいというものが現在に残っているわけなので、
 長い歴史に耐えてきたということから古典的な治療理論もバカにすることはできません…

とてもざっくりとした説明で恐縮ですが、そんなところです。
そしてその気のめぐり方を調整する手段として、薬草を使ったり、はりとお灸を使ったりしてきたのです。

ヒトの体を流れる気には様々なルートがあり、その主なものを「経絡」と呼んでいます。
その経絡は内臓である五臓六腑に根ざしていて、それぞれの性格・性質を持った特定の経が、
「環(たまき)の端なきが如く」と言われるようにそれぞれ連絡をし合いながら、
私たちの生命活動を営んでくれています。

はりとお灸は、この経絡の上に現れるツボに対しておこない、
その流れ方を補ったり、余計なものを取り除いたりする目的で使います。

実際の治療では、一見すると症状とは関係なさそうな場所のツボを選んで使うことも多いのですが、
これは経絡の状態とつながり方を考えてツボを選んでいるということなのです。

また、経絡を用いて気の調整をおこなうと、症状の緩和、改善とともに、
「生命力の強化」とも言えるような体質改善の効果も期待できます。

具体的には、
同じ仕事量でも疲れの残り方が違うだとか

日常の行動範囲が広がるだとか
今までやる気が起きなかったものに取り組む意欲が出てくるだとか…。
そういった「前とは何か違うな」という感覚の変化として感じていただけることが多いものです。

これらは少々不思議な気がするかもしれませんが、
気の調整のための鍼灸治療であれば、段々とそのような変化も実感して頂けると思います。

不思議に思える東洋医学の世界を、これからも少しずつご紹介していきます。

 

はり・きゅうの強みとは~治療院選びのポイント~

久しぶりにブログ記事の投稿です。
陽射しは強いけど蒸し暑くなく、気持ちの良い日になりました。

さて今回は「はり・きゅうの強みとは」ということで書いていきます。

当院は鍼灸治療に特化した治療院です。
私が現時点で考える鍼灸治療の強み「=患者さんに貢献できる部分」は、

1、日々の体調を整える補助ができる(肉体的にも、精神的にも)
2、様々な症状を緩和させ、ときに解消することができる
3、体質を徐々に変え、体を丈夫にしていくことができる
4、精神面にも働きかけ、不安感や焦燥感を減らし、落ち着いた精神状態を取り戻していける

この4点です。
1と2について具体的には、「なんだか眠れない」とか「慢性的に頭痛があって」というような様々な不調の状態や、
すでに病名が付いている状態、様々な病気からくる症状を、
はりとお灸でもって体の状態を調整していきます。

大雑把に語弊を恐れずに書けば、当院では「体の内部環境が最もよく働くように仕向けて行く」ということをやっています
これは経絡(けいらく)を流れる気血の調整だから、という説明になるのですが、
細かいことは東洋医学の理論になりますので今回は割愛します。

少し話を戻しまして…

上記4点のうち、1と2は多くの治療院で掲げられている内容ですので、
鍼灸でなくても、カイロプラクティックや整体、それに機器を使用したりなど、
アプローチは違っても言っていることはほぼ同じです。

当院は上記1と2はもちろんのこと、強みとしているのは3と4の内容です。

体質の強化に関しては、数回の治療でどうこうなるというものではありませんが、
来院当初の目的が落ち着いても一定間隔で治療を受けて頂けば、
「そういえばいつもの症状(鼻水や腰の重だるさなど)が減っている」とか
「風邪を引きにくくなった」「暑さ寒さに少し強くなった」など、
体質的に強くなったと言えるような状態を、実感して頂けると思います。

はり・灸の強みはこの「体質の強化」と「精神面へのアプローチができる」という点が大きいと思っています。

一般的には「肩こり、腰痛、膝の痛み」と「はり灸は即効性があるから」と言われるくらいのことが多いかと思いますが、
少し気長に体のことを考えたときにも、はり・灸はとても優れた体調管理の手段です

というわけでぜひ、あなたの日常にはり灸を加えてみてください。

お近くの鍼灸院を探される際には
「症状の治療だけではなく、かかりつけ医のように長く体のことを任せられるか」という視点で治療院を選ぶと、
目先の症状に捉われ過ぎないで、あなたの体を大切に診てくれる治療院を見つけることができると思います。