岡山県のまん延防止措置発令に伴う当院の方針について

※5月14日に緊急事態宣言へ変更される決定がなされましたが、当院の考え方と対策に変更はありません※

昨日5月13日から5月末まで、Covid-19感染者数増加に対して岡山県にもまん延防止措置が発令されることとなりました。

施設利用の制限や不要不急の外出が求められていますが、昨年の全国への緊急事態宣言時と同様に当院は通常どおりす。

鍼灸院は休業要請施設に該当していませんし、生活必要度の高い業種として業種別感染対策ガイドラインの指針に従い、
必要な対策を講じたうえで通常どおり営業しています。
もちろんこれまで以上に消毒等衛生管理と感染対策に努めてまいりますので、安心して治療へお越しください。

 

補足しますが、感染対策に必要な基本的なことを徹底し、「やっている感」だけのものはおこないません。

基本的なこととは
・手洗い
・アルコールによる手指消毒、人が触れたところの消毒
・マスク着用
・常時換気
・消毒前の手で目・鼻・口を触らない
・くしゃみや咳などのエチケット徹底

 

家庭内、治療院内ではこれらの基本的なことで十分です。

反対に「やっている感」を出すものとは
・マウスガード、フェイスガード
・紫外線や消毒剤噴霧での「空間除菌」

などです。

空間を除菌するために消毒剤を噴霧する場合、人間がそこにいられる程度ではウイルスへも影響がないとされ、
ウイルスへ影響を出すほどの濃度で空間へ消毒剤を散布した場合、それは人体へも有害です。

マウスガードはテレビ出演者などでも未だに着用している姿を見ますが、飛沫対策にはなりません。
また暑くなってきてウレタンマスクも利用したくなりますが、これも不織布マスクに比べて性能が劣ります。

コロナ禍の一年半ほど時間が経ち、たくさんの知見が積みあがっています。
ワクチンについても書かないければいけないと思っているのですが、
とにかく日常での感染対策については、基本に忠実な対策をおこなえば必要以上に恐れる必要はありません。

人としゃべるときはマスクを着ける。
こまめに手を洗い、消毒する。

まずは基本を徹底しましょう。

余力がある人は、郵便物や買ってきた品も消毒するなどできればほぼ満点です。

毎日発表される感染者数やニュース内容にばかり目を奪われてしまうと、気持ちも沈んできてしまいます。
気持ちが沈むと体の症状となって、めまいや頭痛、肩こりや不安感、背中の痛みや便秘や下痢など出てくる場合があります。

そうなる前に、外に出て伸びをして、季節の移ろいに五感を向けてみましょう

体の感覚が刺激されると、不思議と思考回路もスッキリとしてくるものです。

それでも体や気持ちがしんどくなってしまう方は、気軽に治療相談へお越しください。
体の気の巡りに対して軌道修正のお手伝いができますので、治療をきっかけに体の良いリズムを取り戻していっていただければと思います。

年始感

2021年が始まりました。
当院では相変わらず、経絡(けいらく)治療による皆様の体調管理、体調回復のお手伝いをしております。

年始にあたっては多くの方が抱負や目標をたて、今年一年、その目標に向かって邁進されることと思います。
私も例に漏れず個人的な目標を立ててそれを年間目標、月間目標などに分割していき、
進捗をできるだけこまめにチェックできるようにしています。

「具体的に書き出すこと」が良いそうで、
目に見える状態にしておくとやはりそれを意識しますので目標達成しやすいということですね。

そして、途中の変更やアップデート・ダウングレードは全然かまわない、ということも付け加えておきます。

日々少しずつ、月々少しずつ、年々少しずつ…

自分の暮らしが良くなっていく実感が持てれば、とても楽しい日々を送れると信じています。

「今できることに注力する」

そのためには正確な現状把握と、短期、中期、長期に分けた目標設定が必要です。
そうすることで自分自身の「今できること」が出てきますので。

コロナ禍にあって体調面でも精神面でも金銭面でも苦しい状況にある方も少なくない。
その中で、自分に今できることは何かとということを具体的に書き出して、具体的に行動する。

明けない夜はありませんし、止まない雨もありません。

丑年ということで、2021年、じっくりと参りましょう。

年末感

年末のご挨拶。

日々いろいろなことを思いますけれど、具体的に書き出すことをあまりしてこなかったツケ。
いざ書こうと思うと「あれ、、、なんだっけ」「どうやって書こうかな」となってしまうものですね。

今年は2月のコロナ禍のはじまりのころ、津山市上河原に新しく治療室を開設しました。
おかげさまで5月からは過去最高の来院数を更新し、
津山市中心部で多くの方に来ていただきやすくなったことが本当に良かったなと。

これからもできるだけ多くの方の力になれるよう、
少しでも病苦で苦しむ人の助けとなれるよう、
鍼の技術の研鑽を積んでいきます。

私たちの生活は新型コロナウイルスによって激変しました。
当たり前だったことが当たり前でなくなった。
一方で適切に、果敢に変化した人はこの状況下でも伸び、成長しています。

今できることは何か

これからもじっくりと自分に問い続け、できるだけ具体的に行動していこうと思います。
2020年は誰にとっても忘れられない年になるでしょう。

来年は、今年以上に多くの人に、しあわせとよろこびがありますように。
感染対策に気を配り、元気に新年をお迎えください。

 

年内は30日まで、年始は5日から診療開始です。

津山市での新型コロナウイルス感染拡大と、当院の対応

久しぶりの更新です。
10月20日ごろから津山市内と周辺町村で相次いで新型コロナウイルス感染者が確認され、
二週間経った現在も感染者の確認数は増加中となっています。

この事態に対して当院でも、当然のこととなりますが警戒度を下げておりません。
患者さん入れ替わり時のベッド等院内の消毒、予約時間の間隔を開ける、こまめな換気などの対策をしています。
マスク、手指消毒は以前より当たり前のこととしています。

来院された皆様にも、お手数ですが玄関にて手指消毒とマスク着用をお願いしています。

ただこの事態に及んでは、再度の活動制限など行政命令が無い限り、
自分も、また皆様もどこでどのように感染してしまうかは全くわからない状況です。
どうしたって買い物は必要ですし、人との会話も当然ながら生活をしていればしなければいけません。

感染した方へは「お大事に」といういたわりの気持ちで、
できることをできるだけやり、心穏やかに過ごして参りましょう。

ストレスや漠然とした不安が抜けない方は、治療はしなくとも良いので
治療室へどうぞ。マスク越しではありますが、お話しましょう。
治療予約の隙間の時間であればお受けできますのでね。

背中が張るとか、頭が痛いとか、ストレスによる症状が出ている方は
治療も受けていただくと楽になると思います。

いずれの場合でもご相談やご予約はお気軽に。
ではまた。

新型コロナウイルス対策について

こんにちは、大林です。

新型コロナ、感染確認数が急増しているこの2週間ですね。
発表される数字は現実の一側面を切り取ったものですので、
検査人数や検査件数、陽性率、重症化する率などの面も見つつとなりますが…否応なく緊張感が高まりますね。

夏はわりと収まっていくのではと思っていた予想は大きく外れ、
気温や湿度が高くとも感染は広がる事態になっています。
お店などでもパーテーションやアルコール消毒などが当たり前となっていますが、
やはり都市部での電車や会食の密接さでは、拡大は防ぎようがないということなのでしょう。

あらためて、当院での感染予防対策として何に取り組んでいるのかを記しておきます。

・施術者の毎朝の検温と、診察・治療中のマスク着用
・こまめな手洗いとアルコールによる手指消毒
・ベッドシーツ、枕カバー、ベッド等と、皆様が触れた椅子やドアの取っ手等の消毒
・院内で人となるべくすれ違わないよう、予約時間の調節
・来院時の手指消毒のお願い
・郵便物やお札などの消毒

以上を基本とし、あとは新型コロナが疑われる症状など個別のお申し出により対応を変えております。

今までで出そろっている感染予防の手段を一つ一つ確実におこなうことで、
まず感染率は格段に下がります。

加えて日々の体調管理、食事内容や運動の内容を含めた生活習慣を改めて見直すことで、
身体の働きを整えておくことがとても大切です。

感染拡大の状況はまだまだ続くものと思われます。
徹底的な予防に努めると同時に、もし自分や周りの方が感染者となった折の優しさを忘れずにいたいものです。
誰しもが感染する可能性のあるものですから…。

ブログ「岡山県内でのコロナウイルス制圧?」

こんにちは、大林です。

先月5月12日に岡山県で新型コロナウイルスへの感染者が確認されて以降、
本日6月9日まで新たな感染者の確認が、今のところ無いようです。

潜伏期間の二倍とされる28日間にわたり新規感染者が確認されていないということで、
その地域内では新型コロナウイルスはほぼ制圧されたとみてよい、とのことです。

なんとも喜ばしいですね!

東北6県ではすでに6月5日の時点でその状態に達しており、
岡山県を含む中国地方でも県の往来がずいぶん緩和されるなど、
徐々にですが様々な社会活動が取り戻されつつあることを感じます。

東京をはじめ感染者が確認され続けている地域との往来や、
郵便物や宅配の荷物などからの感染は相変わらず気を配る必要がありますが、
岡山県内、また当院のある津山市や鏡野町内では、
「新型コロナウイルスは、ほぼ無くなった」としていいと、私自身判断しています。

当然のようになった院内や道具の消毒、手洗いとアルコール消毒、マスク着用などは
相変わらず続けていますし、3月や4月のころの対応となんら変えることはありませんので、
今までよりもさらに安心して鍼灸院へお越し頂ければと思います。
ただ、予約を少し詰める可能性があります。その点はどうかご了承ください。

コロナで疲れた人も、
日常が再開して疲れた人も、
朝晩と日中の気温の差にやられてしまっている人も、
急に冷たいものを食べすぎてお腹がやられてしまった人も、

よければ一度診させていただければ、後々長引かないで済む体に戻していきます。

厚労省の内部の話として今後も散発的なクラスター発生はあるだろうということと、
秋冬の流行を見越しているとの話も聞いていますので、
私たちは自分が今以上ウイルスを媒介しないよう、個々でできる対策をしたうえで、日常をしっかり楽しく過ごしていきましょう。

ブログ「当院での対応は変わらず…」

こんにちは、大林です。

COVID-19、新型コロナウイルス感染に関して、全国的に緊急事態は解除されましたね。
長い自粛要請から色々と活動が再開されていく安堵感は、多くの方が実感されていると思います。
また、子供たちの登下校の姿が見えるようになっただけでも、日常が戻りつつある感覚を覚えます。

手洗い、消毒、マスク着用やsocial distanceなど、すでに慣れて日常の一部となってきていますね。
通常の社会生活に戻しつつも、有効な薬もワクチンもまだ無い状況では新型コロナウイルスに対する警戒を解き切るわけにはいきません。

当院でも、従前より徹底的に感染予防に努めています。

具体的には

・施術前後の手洗い、施術者マスク着用
・患者さんの施術毎にベッドやドアの取っ手などの消毒
・来院時の手指消毒のお願い
・ベッドシーツや枕カバーのこまめな交換・消毒
・院内での接触リスクを減らすため、予約時間の調整
・宅配の荷物と郵便物の消毒

以上のことを行っています。
お釣り用のお札や小銭も気が付いた時にはアルコールで拭いていますが、
全てを徹底できてはいません。が、当然ながら通貨も感染リスクのあるものとして
認識しておくほうが良いですよね。

とにかく誰しもが「自分が感染しない」ことと「人に感染させない」ことを徹底するしかないのかと思います。

その上で普通に社会生活を送り、適度な運動と十分な栄養と睡眠をとり、
日々を楽しく過ごしていけば良いのだと。

鍼灸治療も健康管理のために変わらず受けていただいて大丈夫ですし、
鍼灸院は国家資格を取得し衛生管理も含めて感染対策をおこなえる鍼灸師が運営している医療機関です。
(血液・体液に触れる可能性のある鍼灸治療をおこなう上で、必要な衛生概念と知識をすでに履修しているのです)

これまでも何度か記していますが、
鍼灸治療も皆様の体調管理の助けになれますし、
ぜひ使っていただきたいものでもあります。

Withコロナ時代の生活は、以前とは明らかに異なってきます。
ワクチン開発に成功し、新型コロナウイルスがインフルエンザウイルスと同じような扱いに落ち着くまで、当面は気を付けながら過ごして参りましょう。

ブログ「空間除菌について」

こんにちは、大林です。

COVID-19、新型コロナウイルスの流行状況についてはまだまだ油断しきるには早い状況ですが、
暑さがやってきたのもあって、津山市内でもマスクをしている人が明らかに減った気がします。
杞憂に終わればよいのですが…。

さて、そんな中でもはりきゅうのすすめでは変わらず感染予防と院内消毒を徹底しています。
具体的には
・必ずマスク着用
・施術前後の手洗いとアルコールで手指消毒。鍼を開封した後なども
・患者さんの施術が終わる毎にベッド、リネン類、ドアノブなどの清拭
・常時窓を開放、または頻回の換気
・患者さんにも来院時のアルコール手指消毒の実施

あとは、基本の「十分な睡眠、栄養、適度な運動」で生活を規則正しく丁寧にすること。
以上のことを、来院くださる皆様と自分自身を守る意味で行っています。
当たり前のことを、当たり前にやることの大切さを日々感じますし、
習慣化されたことでさして負担に感じることもなくなってきました。

 

先日「空間除菌はやらないの?」と尋ねられたこともあり、今回はそのことについて書きます。

 

と言っても私は空間の除菌については専門的な知見もありませんので調べてみました。

…調べようとしてみました。

ですが「空間を除菌する」という概念は、医療の中には無いことがわかりました。

よくあるのは「次亜塩素酸水」を加湿器などで焚く方法が言われていますが、
調べてみても「やってみました」「このようにしています」という内容のブログ記事や宣伝ばかりで、
効果を調べて「有効である」とされているような根拠となる論文は、私には見つけられませんでした。
(もしご存知の方がいらしたら教えて頂きたいです)

そして「空間に塩素を含む微粒子をまく」ことの危険性を指摘する医師などの投稿も、
同時にいくつか確認できました。
曰く「空間にウイルスを殺す程度の濃度で次亜塩素酸水を撒くと、それを吸い込む人体にも有害である。濃度が薄ければウイルスにも効果は無く撒く意味もない」とのこと。

これも根拠となる論文は私には探せなかったのですが、「塩素ガスが人体に有害」ということは確かですので、
空間の塩素濃度が上がることは当然避けなければいけませんね。

ということで、空間の除菌は基本的に「換気」によって空間内のウイルスの量を減らすということ以外には無いようです。
よく「首から下げるウイルス対策」の商品も出回っていますが、消費者庁から注意喚起もされている「過大な効果の宣伝」には注意が必要です。
あと首から下げる除菌グッズも中身は塩素系ですから、水に濡れて雫が服についたりすると悲惨なことになるようですので、その点もお気をつけください。
空間を除菌しなくても、今までも言われてきた「手洗い、消毒をこまめにし、鼻・口・目を手で触らない」ことを基本にすれば十分な感染予防になりますので、

神経質になり過ぎずに、体調を整えて少々のウイルスが体に入っても大丈夫な状態を維持していきましょう。

ブログ「新型コロナ関連」

こんにちは、大林です。
立夏に入りましたが、昨夜から今朝は少し肌寒くなっていますね。
着るもの、羽織るものでしっかりと調節して、
首回りや足首など冷やさないようにしていきましょう。

 

さて、全国に向けられている緊急事態宣言を受けて、
ここ津山市でも新型コロナウイルス感染拡大を防止するため、
学校の休校や市営施設の利用停止などの措置が続いています。

そしてこれはひとまず5月末までと、連休明けの昨日7日に決定しました。
感染者拡大の状況が続くとなればさらに延長する可能性もあるとのこと。

 

津山市内では4月24日に感染者が確認されて以降、新たな感染者の確認はされていません。
津山市役所に勤めている知人も「市民の皆さん本当によく努力して協力してくださっている」と
言い、地方都市ならではの事情もあり皆さん感染予防にしっかりと努められている様子がわかります。

また全国に目を移すと、東京をはじめ大都市圏以外では、新規感染者が横ばいまたは減少となる地域もたくさんあります。
しかしここで気を抜いてはいつまたどこで感染者が増え始めるかわかりません。
治療薬とワクチンが開発され医療機関で一般的に使われるようになるまでは、
今まで通りの感染予防策をそれぞれが徹底するしかありません。

人間は良くも悪くも「慣れる」生き物です。
手洗いをはじめ様々な衛生習慣はすでに定着しましたし、
ウイルスという目に見えない存在をある程度意識して生活することにも段々と慣れてきます。

「どうなってしまうんだろう」という不安は人の体に悪影響をもたらしますし、
その精神的ストレスは様々な身体症状として表面化している人もいます。

 

「しんどい時は休む」

これも新たな生活習慣として当たり前になってほしいものの一つです。

以前も書きましたが東洋医学の歴史の中には疫病と戦ってきた時代のものもあります。
あくまで表に出ている症状に対してのものと、
「内傷無ければ外邪入らず」との言葉どおり、体の内側から疫病をガードするという治療の考え方が、東洋医学では示されています。

養生の基本に立ち返って、十分な睡眠、食事、規則的な生活習慣、運動。
まずはここからです。そして

・メンタルをやられてしまい気味の人
・肩や背中がばりばりに固くなってしまっている人
・胸やお腹が気持ち悪くなってしまった人
・心配事で眠りが浅かったり頭痛がきたりする人

 

どうぞ遠慮なく治療を受けて、楽になってください。
そうすることで体内の働きが正常に近づき、感染リスクを減らします。

ブログ「看板がつきました!」

 

津山院にもようやく看板を取り付けていただきました!

8年前に鏡野院をスタートさせたときに作ってもらった大きな看板を塗り直し、
津山院に設置してもらいました。
当時なぜか実家の蔵に投げてあった杉の一枚板から彫り出してもらった特注品です!


施工は松永建材店さんにお願いしましたが、
仕上がりの良さに大満足しています。

看板が着いたことで「民家」から「治療院」にパッと顔が変わった感じがします。
今まではもぐりのような感じでしたので、やっと胸を張って治療院やってますと言えます。

連休中も随時受付をしていますが、まだ空き時間のほうが多いので玄関周りや外回りを少しずつ整えていこうと思います。

コロナ疲れの方は遠慮なくお電話くださいね。