症例:糖尿病とそれに伴う倦怠感やしびれなど


不定期ですが、過去の施術例や現在通院中の方の症状、治療の概略をご紹介しています。
はり・灸の治療がどのような症状に対してどのように考えて行われているか、
ご自身の状態と似た症状の方がすでに治療を受けているか、など参考になさってください。
なお、当然のことながら個人が特定できないよう配慮いたしております

「糖尿病と、それに伴う倦怠感やしびれなど」

40代男性

〇これまでの経過〇
2年半前~重度の糖尿病により腎機能が低下し、血糖コントロールをしないと命に関わる状態と診断。
以後インスリン注射や投薬、食事制限などで、いったん血糖値は安定しているが、腎機能はまだ少し低下状態とのこと。
腰が痛く、膝から下は少ししびれを自覚している。
疲れやすく、階段の上り下りでも息が切れてしんどい。仕事での疲労が抜けないので、もう少し元気に暮らしたいとの希望。

〇鍼灸院としての診断〇
数年にわたる糖尿病の状態、またそれ以前から長らくの不摂生と多忙により、身体の気の消耗が激しく、巡りは虚損している状態と考えた。
人体の気の生産を司る脾の働きをしっかりと補うことを狙い、まだ若さもあることと合わせて予後は良とし、回復を目指した。

〇施術方針〇
初診での東洋医学的診断は左適応の脾虚肝虚の相剋調整。
腹の力もなく、べとつき冷えて全体的に虚している状態。徹底的に気を補う方針とした。

〇施術内容〇
一回目…
左の脾経、心経の気を補い、右の肝、腎の経も同様に補う。
右の胃経にも補法の鍼をおこない、お腹と背中の虚しているところをお灸で温め、終了。

二回目(一週間後)
ひざから下のしびれた感じが少し良かった気がする、とのこと。他体調は変わりなし。
一回目とほぼ同様の治療。

三回目、四回目も同様に、身体の元気を補い、体調を底上げする狙いで治療。
五回目(初回から一か月ほど)で、日常の段差が苦に感じなくなり、階段の上り下りが楽になった、とのこと。またおおむね体調が良いと感じられる日々が増え、仕事後の疲れかたが楽になり、起床時のスッキリ感が感じられるようになってきた。

以降、十回目の治療までは週に一回程度。
途中に仕事が多忙のため腰痛が出たりするときもあったが、以前より回復も早く、不安感がなかったとのこと。
その後は二週に一回と間隔をあけ、現在(初診から2年近く)では月に一回の定期治療にてメンテナンスを継続。
治療に使う経絡は都度変更もあるが、おおむね脾の経絡を中心に補い、身体の状態に合わせて腎の経絡を主体とするときもあった。

定期的な医師の診察でも、現在は数値上問題ない状態を維持できていると言われている。

〇施術後のケア〇
本人も病識があり血糖値や体重コントロールをしっかりと行えていて、定期的な医師による診察と検査もあるため、当院としての特別な指示は無し。

症例:首の強い痛み

70代女性、2020年2月の症例です。

主訴:首の強い痛み

主訴に至るまでの経過…
慢性の首こり、肩こりがある。慢性の咳喘息もある。
ある朝、起き上がろうと思ったら首の緊張と痛みが強く起き上がることができなかった。
頭を少しでも動かすと首(特に右側)に痛みが走り、ほぼ動けず、生活がままならないということで往療依頼。
一か月前から家族が持病で入退院を繰り返すなどで精神的に緊張し、眠れない日々が続いていた。

当院の診断…
強い精神的ストレスがかかり続け、身体が耐え切れなくなり本人の弱い場所である首から背中にかけて症状が出た。睡眠不足解消と精神的ストレスの軽減が必要。
東洋医学的には「腎虚脾虚の相剋(そうこく)調整」という診断で治療を開始。

施術方針…
脈の状態は浮いて硬く、とても早い。
治療方針は上記の「腎脾相剋」、左半身のほうが気の流れがあるので左の腎と肺の気を補い、患部を流れる経絡の流れを促す
患部に痛みを出している固い邪気を、複数回に分けて取っていくことが重要。
ある程度高齢ということと、慢性疲労の積み重ねで症状が溢れた状態ということで、継続治療が必要

施術内容…
・施術1回目(発症当日)
上記方針の通り、左の腎・肺の気を補い、その後で患部を流れる経絡の詰まりを取り流れを促す。
目の動きしかままならなかった状態が、左右とも30°程度、首を回すことができるようになった。

・2回目(発症翌日)
昨日とは痛みの場所が下がり、まだかなり痛い。起き上がり座った状態でいられるので、座位で昨日と同じ方針で治療。

・3回目(発症4日目)
当初と反対側の左の首が痛いとのこと。腎虚証は変わらないが、痛む場所を流れる経を選び直した。
首の動きは、左右とも70°ほど回せて、上下に動かすことも、痛みは残るけれど「こんなに動かせるようになった」と本人談。

・4回目(発症5日目)
入浴や掃除ができるまで回復。肩甲骨と背骨の間のあたりの痛みと凝り感は残るが、首の動きは8割方回復したとのこと。
治療方針は変わらないが、ツボの状態に合わせて鍼の深さや補う時間はその都度変化している。

以降、かなり生活動作が安定してきたので往療から来院に切り替える。

・5回目以降は3日に1回、7回目以降は週に1回
6回目で主訴であったひどい首の痛みはほぼ消失。日常を元気に過ごせるようになる。

施術回数・頻度・期間は、発症当初はほぼ毎日。
6日間ほどで車を運転することができる程度になったので、来院に切り替える。
主訴がすっかり無くなってからは2週間に1回とし、再発防止と日々の疲れをとるために定期通院。