ブログ「身体をメンテナンスすることの重要性について」

こんにちは、大林です。
タイトルそのままの記事ですが…今回は体を定期的にメンテナンスすることがどれだけ大事か、ということをお話しします。
そして出ている症状はそんなになくとも、「ひどくなる前」「悪くなる前」に鍼灸院での治療を受けることを習慣にしていただきたいのです。思い切り我田引水の記事ですが、悪しからず(^^)

基本的には皆さんは、

「鍼灸院とかって、具合が悪くなったり、痛みが出たら行くところ」

と思っておられますよね。
もちろんそれも全然間違いではなくて、しんどくなったり痛みが出たり、「身体やこころの悩みを解決したいな」と思ったときに「どこかいい治療院はないだろうか」と探すのは自然なことです。

また、私たち鍼灸師も「病苦に苦しむ患者を一人でも多く救う」という使命感を持って、
日々技術の修練をし、本を読み、仲間と勉強し、研鑽を積んでいます。

勉強をすることって本当に楽しいんですよね。
知らなかったことを知ることができる。
できなかったことができるようになる。
自分の上達や成長を自分である程度評価できる。
自分がどれだけ狭い世界に生きているかを実感する。

大人になってから勉強することについてはまた別の記事にしようと思います。

話を戻して、「痛みや症状が出る前、ひどくなる前」に、何かしらの身体のメンテナンスをしてくださいね、ということについて…。

まず最初に見なおして頂きたいのは、睡眠と食事です。次に運動。そして暮らし向き(働き方や人間関係による精神的なストレス)
本当に基本的な部分ですが、身体のメンテナンスの大部分はこれで足りると私は思います。

身体に関する良いこと「質のいい食事と睡眠、適度な運動、楽しい時間」と
身体に関する良くないこと「偏りすぎの食事内容、短すぎる睡眠、過度な労働、疲労の積み重ね、精神的ストレスによる体への悪影響など」のバランスの偏り

先天的なもの、生まれ持ったものや、交通事故など急な外力がはたらいて体を壊すことはありますが、今は省きます。

ある方の言葉を借りれば「健康は確率の問題」ということで、私も深く同意します。
「健康のリスクになるものを減らす=健康でいられる時間を延ばす、または健康の度合いを高めることができる」ということです。

どれだけ気を付けていても病気になるときはなるし、事故に遭うこともゼロにはなりません。
が、危険なものの確率を減らすことで健康はある程度まではコントロールできるものです。

その考え方に立っていただければ、
「病気を予防する」と思って定期的な体のメンテナンスが必要なことはご理解いただけるのではと思っています。

次に、もし何かしら病気や痛みが出たとして…『できるだけ軽く済ます』ことをお勧めします。
これが定期的な体のメンテナンスをすることの大きな意義だと思います。

まったくの不調知らず、という人はほとんどいません。
時には風邪をひくし、体がだるい日だって当たり前です。人間ですから。

でもそういう状態を長引かせず、負のスパイラルに陥らないためにどこかのタイミングで
鍼灸などで身体の調子を整え、底上げをしてほしいのです。
身体はそもそも自分で治ろうとする力を持っていますね。
それをちょっと手助けすることで、治りは早くなり、症状も酷くなりにくいものです。

実際に支払う医療費の違いというデータもあるようですが、
興味のある方は調べてみてください。
何も病気などなければ平均して月に5,000円程度の医療費も、
軽度の糖尿病ひとつで月に2~3万円、
透析が必要なほど重度になると月に何十万円もの医療費がかかります。

もちろんその全額を自己負担するわけではないですが、それでも持ち出しはかなり高額となります。
病気一つでこれですから、そういう状態を予防するために鍼灸院へ月に2回程度でも通うことは決して悪い投資ではありませんね。

その次に…。
ちょっと嫌な言い方になるかもしれませんが、
「様々な業界でトップを走るような人たちは、ほぼ間違いなくかかりつけの治療家を持っている」
というお話です。
安定した仕事のパフォーマンスを出し続けることや、明日への活力を維持し続けるという意味で、
本当に様々な人が鍼灸をはじめいわゆる「お気に入りの治療家、治療院」をお持ちです。

特に政界、財界(経営者層)、芸能界、法曹界(弁護士等)など大勢に注目されたり、激務をこなすような人々は、ほぼ間違いなく「東洋医学的観点、代替医療の価値観」を持った治療家の施術を受けているということです。(様々な会社経営者などから法務顧問を依頼される弁護士さんから伺いました)

常に100%の状態はとても大変かもしれませんが、
安定して70~80%のパフォーマンスを維持することはそう難しいことではありません。
よく言われるのは「80%までは20%の労力で上げられる。残り20%を上げきるのに80%の労力が必要になる」というやつです。

この「ちょっとの手間」をやるかやらないかで、日常的に発揮できるパフォーマンスが大きく変わることがあるわけです。
少々の不調などは自分で調べてあれこれやるよりも、プロに任せてしまうことで労力や時間を節約しているということですね。
それが、いわゆる社長さんとか政治家や弁護士さんなどが実践している健康法の大きな部分なわけです。

いや自分は経営者でもないし…と感じる方もいらっしゃるでしょうけれど、
皆さんそれぞれが自分の身体の経営者なんですよ。

限られた資源である身体を、どう使っていくか。
そのマネジメントは自分にしかできません。

最終的には自分の頭で考えて判断するということがとても大事ですが、
ある程度のことはその道のプロにお任せするのが手っ取り早く、健康効果というパフォーマンスやリターンは大きいのです。

一人でも多くの方が、ご自分の身体を今よりもう少しだけ、大切に扱ってくれることを願っています。
それがきっとよりたくさんの人のいい人生に繋がっていると確信していますので。

症例:糖尿病とそれに伴う倦怠感やしびれなど


不定期ですが、過去の施術例や現在通院中の方の症状、治療の概略をご紹介しています。
はり・灸の治療がどのような症状に対してどのように考えて行われているか、
ご自身の状態と似た症状の方がすでに治療を受けているか、など参考になさってください。
なお、当然のことながら個人が特定できないよう配慮いたしております

「糖尿病と、それに伴う倦怠感やしびれなど」

40代男性

〇これまでの経過〇
2年半前~重度の糖尿病により腎機能が低下し、血糖コントロールをしないと命に関わる状態と診断。
以後インスリン注射や投薬、食事制限などで、いったん血糖値は安定しているが、腎機能はまだ少し低下状態とのこと。
腰が痛く、膝から下は少ししびれを自覚している。
疲れやすく、階段の上り下りでも息が切れてしんどい。仕事での疲労が抜けないので、もう少し元気に暮らしたいとの希望。

〇鍼灸院としての診断〇
数年にわたる糖尿病の状態、またそれ以前から長らくの不摂生と多忙により、身体の気の消耗が激しく、巡りは虚損している状態と考えた。
人体の気の生産を司る脾の働きをしっかりと補うことを狙い、まだ若さもあることと合わせて予後は良とし、回復を目指した。

〇施術方針〇
初診での東洋医学的診断は左適応の脾虚肝虚の相剋調整。
腹の力もなく、べとつき冷えて全体的に虚している状態。徹底的に気を補う方針とした。

〇施術内容〇
一回目…
左の脾経、心経の気を補い、右の肝、腎の経も同様に補う。
右の胃経にも補法の鍼をおこない、お腹と背中の虚しているところをお灸で温め、終了。

二回目(一週間後)
ひざから下のしびれた感じが少し良かった気がする、とのこと。他体調は変わりなし。
一回目とほぼ同様の治療。

三回目、四回目も同様に、身体の元気を補い、体調を底上げする狙いで治療。
五回目(初回から一か月ほど)で、日常の段差が苦に感じなくなり、階段の上り下りが楽になった、とのこと。またおおむね体調が良いと感じられる日々が増え、仕事後の疲れかたが楽になり、起床時のスッキリ感が感じられるようになってきた。

以降、十回目の治療までは週に一回程度。
途中に仕事が多忙のため腰痛が出たりするときもあったが、以前より回復も早く、不安感がなかったとのこと。
その後は二週に一回と間隔をあけ、現在(初診から2年近く)では月に一回の定期治療にてメンテナンスを継続。
治療に使う経絡は都度変更もあるが、おおむね脾の経絡を中心に補い、身体の状態に合わせて腎の経絡を主体とするときもあった。

定期的な医師の診察でも、現在は数値上問題ない状態を維持できていると言われている。

〇施術後のケア〇
本人も病識があり血糖値や体重コントロールをしっかりと行えていて、定期的な医師による診察と検査もあるため、当院としての特別な指示は無し。