岡山県のまん延防止措置発令に伴う当院の方針について

※5月14日に緊急事態宣言へ変更される決定がなされましたが、当院の考え方と対策に変更はありません※

昨日5月13日から5月末まで、Covid-19感染者数増加に対して岡山県にもまん延防止措置が発令されることとなりました。

施設利用の制限や不要不急の外出が求められていますが、昨年の全国への緊急事態宣言時と同様に当院は通常どおりす。

鍼灸院は休業要請施設に該当していませんし、生活必要度の高い業種として業種別感染対策ガイドラインの指針に従い、
必要な対策を講じたうえで通常どおり営業しています。
もちろんこれまで以上に消毒等衛生管理と感染対策に努めてまいりますので、安心して治療へお越しください。

 

補足しますが、感染対策に必要な基本的なことを徹底し、「やっている感」だけのものはおこないません。

基本的なこととは
・手洗い
・アルコールによる手指消毒、人が触れたところの消毒
・マスク着用
・常時換気
・消毒前の手で目・鼻・口を触らない
・くしゃみや咳などのエチケット徹底

 

家庭内、治療院内ではこれらの基本的なことで十分です。

反対に「やっている感」を出すものとは
・マウスガード、フェイスガード
・紫外線や消毒剤噴霧での「空間除菌」

などです。

空間を除菌するために消毒剤を噴霧する場合、人間がそこにいられる程度ではウイルスへも影響がないとされ、
ウイルスへ影響を出すほどの濃度で空間へ消毒剤を散布した場合、それは人体へも有害です。

マウスガードはテレビ出演者などでも未だに着用している姿を見ますが、飛沫対策にはなりません。
また暑くなってきてウレタンマスクも利用したくなりますが、これも不織布マスクに比べて性能が劣ります。

コロナ禍の一年半ほど時間が経ち、たくさんの知見が積みあがっています。
ワクチンについても書かないければいけないと思っているのですが、
とにかく日常での感染対策については、基本に忠実な対策をおこなえば必要以上に恐れる必要はありません。

人としゃべるときはマスクを着ける。
こまめに手を洗い、消毒する。

まずは基本を徹底しましょう。

余力がある人は、郵便物や買ってきた品も消毒するなどできればほぼ満点です。

毎日発表される感染者数やニュース内容にばかり目を奪われてしまうと、気持ちも沈んできてしまいます。
気持ちが沈むと体の症状となって、めまいや頭痛、肩こりや不安感、背中の痛みや便秘や下痢など出てくる場合があります。

そうなる前に、外に出て伸びをして、季節の移ろいに五感を向けてみましょう

体の感覚が刺激されると、不思議と思考回路もスッキリとしてくるものです。

それでも体や気持ちがしんどくなってしまう方は、気軽に治療相談へお越しください。
体の気の巡りに対して軌道修正のお手伝いができますので、治療をきっかけに体の良いリズムを取り戻していっていただければと思います。

ブログ「空間除菌について」

こんにちは、大林です。

COVID-19、新型コロナウイルスの流行状況についてはまだまだ油断しきるには早い状況ですが、
暑さがやってきたのもあって、津山市内でもマスクをしている人が明らかに減った気がします。
杞憂に終わればよいのですが…。

さて、そんな中でもはりきゅうのすすめでは変わらず感染予防と院内消毒を徹底しています。
具体的には
・必ずマスク着用
・施術前後の手洗いとアルコールで手指消毒。鍼を開封した後なども
・患者さんの施術が終わる毎にベッド、リネン類、ドアノブなどの清拭
・常時窓を開放、または頻回の換気
・患者さんにも来院時のアルコール手指消毒の実施

あとは、基本の「十分な睡眠、栄養、適度な運動」で生活を規則正しく丁寧にすること。
以上のことを、来院くださる皆様と自分自身を守る意味で行っています。
当たり前のことを、当たり前にやることの大切さを日々感じますし、
習慣化されたことでさして負担に感じることもなくなってきました。

 

先日「空間除菌はやらないの?」と尋ねられたこともあり、今回はそのことについて書きます。

 

と言っても私は空間の除菌については専門的な知見もありませんので調べてみました。

…調べようとしてみました。

ですが「空間を除菌する」という概念は、医療の中には無いことがわかりました。

よくあるのは「次亜塩素酸水」を加湿器などで焚く方法が言われていますが、
調べてみても「やってみました」「このようにしています」という内容のブログ記事や宣伝ばかりで、
効果を調べて「有効である」とされているような根拠となる論文は、私には見つけられませんでした。
(もしご存知の方がいらしたら教えて頂きたいです)

そして「空間に塩素を含む微粒子をまく」ことの危険性を指摘する医師などの投稿も、
同時にいくつか確認できました。
曰く「空間にウイルスを殺す程度の濃度で次亜塩素酸水を撒くと、それを吸い込む人体にも有害である。濃度が薄ければウイルスにも効果は無く撒く意味もない」とのこと。

これも根拠となる論文は私には探せなかったのですが、「塩素ガスが人体に有害」ということは確かですので、
空間の塩素濃度が上がることは当然避けなければいけませんね。

ということで、空間の除菌は基本的に「換気」によって空間内のウイルスの量を減らすということ以外には無いようです。
よく「首から下げるウイルス対策」の商品も出回っていますが、消費者庁から注意喚起もされている「過大な効果の宣伝」には注意が必要です。
あと首から下げる除菌グッズも中身は塩素系ですから、水に濡れて雫が服についたりすると悲惨なことになるようですので、その点もお気をつけください。
空間を除菌しなくても、今までも言われてきた「手洗い、消毒をこまめにし、鼻・口・目を手で触らない」ことを基本にすれば十分な感染予防になりますので、

神経質になり過ぎずに、体調を整えて少々のウイルスが体に入っても大丈夫な状態を維持していきましょう。