看板がつきました!

 

津山院にもようやく看板を取り付けていただきました!

8年前に鏡野院をスタートさせたときに作ってもらった大きな看板を塗り直し、
津山院に設置してもらいました。
当時なぜか実家の蔵に投げてあった杉の一枚板から彫り出してもらった特注品です!


施工は松永建材店さんにお願いしましたが、
仕上がりの良さに大満足しています。

看板が着いたことで「民家」から「治療院」にパッと顔が変わった感じがします。
今まではもぐりのような感じでしたので、やっと胸を張って治療院やってますと言えます。

連休中も随時受付をしていますが、まだ空き時間のほうが多いので玄関周りや外回りを少しずつ整えていこうと思います。

コロナ疲れの方は遠慮なくお電話くださいね。

緊急事態に慣れてきたころに

こんにちは、大林です。
いい陽気が高まって、今日はすっきり晴れて暑いくらいになってきましたね。
緊急事態宣言が全国に出されて以降、感染が確認された人数は頭打ちのように見えますが…
ここで油断してはまた感染が広がる可能性が高いとされ、注意が呼びかけられていますね。

GWが明けても緊急事態宣言が延長されることはほぼ確定路線のようです。
私たち
一般人としては、防護服を着て無菌室に籠るわけにもいかないので、
冷静にできるだけの感染予防対策をとって過ごすしかない状況です。

当院は通常どおり営業していますが、これまで書いてきた通り、
「マスク着用、来院者が帰るたびにハイター薄め液でベッドやドアの取っ手を拭く、アルコールによる手指消毒の徹底、頻回の換気、郵便物や買い物の荷物の開封時の清拭」
など対策、予防策を徹底しています。

さて…

東洋医学では、新型コロナウイルスのように、感染力が強く体質にも関係なく、かかってしまうとみんな同じような症状を出すもののことを「疫癘(えきれい)の邪気」と言います。

東洋医学の発展の歴史の中にも、様々な伝染病、流行性の感冒のことが記されています。
「チャングムの誓い」とか「ホジュン」などお好きな方はお分かりのことかもしれません。
疫癘の邪気をどうしたらやっつけられるかは定かではありませんが、
出ている症状、身体の状態を捉えて、鍼灸で適切な補助を加えて気の巡りを整えることで
健康を取り戻すという営みは数千年続いてきたことです。

そうして積み上げられてきた経験値で東洋医学は成り立っています。
感染の率を減らすことと、もし感染しても無症状・軽症でやり過ごせる体を作るのに、
東洋医学、鍼灸で「治る力」を高めておくことはとても重要と思っています。

基本というか大前提ですが、手洗いや手指消毒、密を避けることに加えて日々の養生。
つまり「十分な睡眠、バランスの良い栄養、ストレス軽減・発散、運動」

基本的なことを当たり前に、真面目にやれるかどうかが本当に健康を左右する時代になっています。
「こうやったらよかった」は人により色々と差があるものですので、
自分なりに「気持ちよく過ごせる方法」を考え、試していきましょう。
当院の治療もお手伝いできる部分はありますので、
「何したらいいかわからない」となったらご相談ください。
電話だけでも大丈夫ですよ。

5月3~6日も、電話予約の上で治療対応いたします。

大型連休、受付のお知らせ

こんにちは、大林です。
4月29日(水)は、鏡野院にて通常どおり治療受付します。
5月4日、5日、6日の三日間は、津山院にて随時受付・治療いたします。
急な痛みやしんどさ、体調不良が生じた際はお電話にて来院をご相談ください。

新型コロナウイルス流行下におきまして、当院では患者様が入れ替わるたびに院内のこまめな消毒、手洗いをしています。
また予約時間にできるだけ隙間をいれ、患者様同士が院内ですれ違わないようにするとともに、換気をおこないます。
普段から当たり前に手指消毒や使い捨てのはりの使用をはじめとする衛生管理に配慮しておりますので、
鍼灸院には安心して来て頂いて結構です。

コロナ不安、コロナ鬱とでも呼ぶべき様々な不調、体の疲れを長い期間残さないように、
また肩や背中を楽にして深い睡眠をとれるように体の状態を整えていきましょう。