気の病、血(けつ)の病

こんにちは。はりきゅうのすすめ、大林です。

台風10号が近づいていまして、患者さんのキャンセルもありでこの記事を書いています。
大きな被害が出ないよう祈るばかりです。

さて、今日は東洋医学の観点からみて患者さん、つまり皆様の状態がどう見えているかを書いてみます。

東洋医学ではヒトの体を気血の集合体として観察します。
気は、見えないけれど各種の「はたらき」として観察できるもの。
血(けつ)は、見えるし、触れる。具体的に形となって表れているもの。

ざっくりとした説明ですが、イメージは持って頂けるかと思います。

鍼灸治療院を訪れる皆様の症状は、痛みをはじめとして本当に様々です。
ですが大きく分けると、皆様の症状・お悩みは気の病と血(けつ)の病のどちらかに分類できます。(両方の状態を呈している方も、もちろん大勢います)

気の病とは、実際に触れる形となって現れてはいないけれど、皆様が体の症状として感じているもの。
血の病とは、腫れていたり、形が変わってしまっていたりするもの。

気の病として代表的なものは、「病院の検査で引っかからないけど、体の症状として感じている」というものたち。。。
具体的には不眠であったり、やる気が出ないとか、けだるいとか、腫れてもいないけど痛いとか…。

血の病としてわかりやすいものは、捻挫や打ち身とか、皮膚の発疹や蕁麻疹とかですね。

これらを観察していくことで皆様の体の状態として、気の変動が大きいのか、血の変動が大きいのかを把握していきます。
そして気の変動と血の変動、もしくはその両方かを把握したら、
治療においてはその日その時の体の状態に応じたはりやお灸の使い方を心がけて整えていきます。

今日のお話は、どちらが治りやすいかといった話ではありませんので、その点はご了承ください。
まだまだ世間では理解の少ない東洋医学からみた考え方を、少しでも知って頂ければ幸いです。

お読みいただき、ありがとうございました。

おおばやし

気の調整~経絡(けいらく)とは??~

昨日は東洋はり医学会 瀬戸内支部の定例会でした。

古典に基づいたはり灸の治療理論を研究・追試して、より良い治療効果を出すための技術を学び合う会として活動しています。
(東洋はり医学会のHPはこちら→https://www.toyohari.net/)

私もこの会の瀬戸内支部長として、岡山県を中心に同じ指針で鍼灸治療をしているお仲間と研修会を続けています。

当院が採用している「経絡(けいらく)治療」とは、身体を流れる気の調整です。

「気」と聞くとイメージはしにくく怪しげにも聞こえますが…はるか昔の中国の人々は「気」という概念を用いることで、
昼だとか夜だとか、季節の移り変わりであるとか、身の周りの様々な現象を説明できることに辿り着いたようです。

気という、見えないエネルギーを仮定することで自然現象を理屈づけて、
自分たち人間も自然の一部、天地の影響を受けて暮らしているという考え方から、
人間にも気はめぐっているもので、その気のめぐりが悪くなったときが病気であるとしたのです。

…と言っても不確実なものではなく、
 膨大な数の「仮説と検証」を繰り返してきた結果、
 どうやら確からしいというものが現在に残っているわけなので、
 長い歴史に耐えてきたということから古典的な治療理論もバカにすることはできません…

とてもざっくりとした説明で恐縮ですが、そんなところです。
そしてその気のめぐり方を調整する手段として、薬草を使ったり、はりとお灸を使ったりしてきたのです。

ヒトの体を流れる気には様々なルートがあり、その主なものを「経絡」と呼んでいます。
その経絡は内臓である五臓六腑に根ざしていて、それぞれの性格・性質を持った特定の経が、
「環(たまき)の端なきが如く」と言われるようにそれぞれ連絡をし合いながら、
私たちの生命活動を営んでくれています。

はりとお灸は、この経絡の上に現れるツボに対しておこない、
その流れ方を補ったり、余計なものを取り除いたりする目的で使います。

実際の治療では、一見すると症状とは関係なさそうな場所のツボを選んで使うことも多いのですが、
これは経絡の状態とつながり方を考えてツボを選んでいるということなのです。

また、経絡を用いて気の調整をおこなうと、症状の緩和、改善とともに、
「生命力の強化」とも言えるような体質改善の効果も期待できます。

具体的には、
同じ仕事量でも疲れの残り方が違うだとか

日常の行動範囲が広がるだとか
今までやる気が起きなかったものに取り組む意欲が出てくるだとか…。
そういった「前とは何か違うな」という感覚の変化として感じていただけることが多いものです。

これらは少々不思議な気がするかもしれませんが、
気の調整のための鍼灸治療であれば、段々とそのような変化も実感して頂けると思います。

不思議に思える東洋医学の世界を、これからも少しずつご紹介していきます。

 

はり・きゅうの強みとは~治療院選びのポイント~

久しぶりにブログ記事の投稿です。
陽射しは強いけど蒸し暑くなく、気持ちの良い日になりました。

さて今回は「はり・きゅうの強みとは」ということで書いていきます。

当院は鍼灸治療に特化した治療院です。
私が現時点で考える鍼灸治療の強み「=患者さんに貢献できる部分」は、

1、日々の体調を整える補助ができる(肉体的にも、精神的にも)
2、様々な症状を緩和させ、ときに解消することができる
3、体質を徐々に変え、体を丈夫にしていくことができる
4、精神面にも働きかけ、不安感や焦燥感を減らし、落ち着いた精神状態を取り戻していける

この4点です。
1と2について具体的には、「なんだか眠れない」とか「慢性的に頭痛があって」というような様々な不調の状態や、
すでに病名が付いている状態、様々な病気からくる症状を、
はりとお灸でもって体の状態を調整していきます。

大雑把に語弊を恐れずに書けば、当院では「体の内部環境が最もよく働くように仕向けて行く」ということをやっています
これは経絡(けいらく)を流れる気血の調整だから、という説明になるのですが、
細かいことは東洋医学の理論になりますので今回は割愛します。

少し話を戻しまして…

上記4点のうち、1と2は多くの治療院で掲げられている内容ですので、
鍼灸でなくても、カイロプラクティックや整体、それに機器を使用したりなど、
アプローチは違っても言っていることはほぼ同じです。

当院は上記1と2はもちろんのこと、強みとしているのは3と4の内容です。

体質の強化に関しては、数回の治療でどうこうなるというものではありませんが、
来院当初の目的が落ち着いても一定間隔で治療を受けて頂けば、
「そういえばいつもの症状(鼻水や腰の重だるさなど)が減っている」とか
「風邪を引きにくくなった」「暑さ寒さに少し強くなった」など、
体質的に強くなったと言えるような状態を、実感して頂けると思います。

はり・灸の強みはこの「体質の強化」と「精神面へのアプローチができる」という点が大きいと思っています。

一般的には「肩こり、腰痛、膝の痛み」と「はり灸は即効性があるから」と言われるくらいのことが多いかと思いますが、
少し気長に体のことを考えたときにも、はり・灸はとても優れた体調管理の手段です

というわけでぜひ、あなたの日常にはり灸を加えてみてください。

お近くの鍼灸院を探される際には
「症状の治療だけではなく、かかりつけ医のように長く体のことを任せられるか」という視点で治療院を選ぶと、
目先の症状に捉われ過ぎないで、あなたの体を大切に診てくれる治療院を見つけることができると思います。

乳幼児アトピー性皮膚炎に対するステロイド外用薬について

こんにちは、鍼灸師の大林です。
今日は、乳幼児のアトピー性皮膚炎に対して用いられるステロイド外用薬について、
とても良質な記事を見つけましたのでご紹介します。

執筆されたのは堀向健太(ほりむかい・けんた)先生。
リンク先の記事内に先生の略歴は掲載されていますので割愛しますが、
先生のブログ「小児アレルギー科医の備忘録」は大変すばらしい記事であふれています。
Twitterでも「ほむほむ先生」 https://twitter.com/ped_allergy として精力的に発信をなさっています。

今日ご紹介したい記事はこちら↓↓
「必ず、減らす、止めるが目標です。」前編 https://www.buzzfeed.com/jp/kentahorimukai/steroido-1?fbclid=IwAR1FTJZcjbgspoPf95_yfKxyo5ycsY0d2Q4Ai24OvkM7GwTkDT1zbW23wmg

「炎症を長引かせないで!具体的なケアの方法をお伝えします」後編 https://www.buzzfeed.com/jp/kentahorimukai/steroid-2

前編後編とも、皮膚炎に苦しむお子さんとその保護者さんに対して、
とてもやさしい語り口で書かれています。
Twitterの中での医師、医療関連職界隈では、スタンディングオベーションが沸き起こるかのように絶賛されている内容です。

私自身もよくよく学ばせていただきます。
少しでも皆様方のお役に立てますように。

 

交通事故患者の方々へ(一部、医療機関と損害保険会社の方々へ)

雨で少し肌寒い二月です。
立春に入り、また昨年よりも全体的には冷え込みが厳しくない今冬ですが、やはり陽射しの少ない日は寒く感じますね。

さて、本日は交通事故に遭ってしまい、けがや痛みを抱えてしまった方々へ向けての記事です。
読んでくださっている方の身近に交通事故患者さんがいらっしゃる場合も、ぜひこの内容を教えてあげてくださいね。

はりきゅうのすすめでも、交通事故による痛みや症状を抱えてしまった方がご来院なさっています。

まずお伝えしたいことは、事故発生後はできるだけ早く鍼灸院での治療も併せて受けていただきたい、ということ。
そし、鍼灸院での治療も病院と同じく無料となり、費用の心配は必要ない、ということです。

 

交通事故での過失割合(どちらの責任がどれくらいか)に関わらず、
交通事故によって受けた体のダメージは、できるだけ早く回復させていくのが良いのです。

明確なデータを出せるほどの症例数はまだ無いのですが、
当院の患者さんで頸椎捻挫後遺症(いわゆるむち打ち症状)とそれに付随して頭痛や頸の痛み、肩こりや背中の痛みなどを抱えている方は、
過去に交通事故に遭ってしまってからもしばらく放置していた方が何人もおられます。

「痛いけど、動けないわけじゃなかったし…」とか、「相手方との交渉が長期にわたり、揉めてしまって…」といった様々な状況で
ご自分の体のことを後回しにしてしまい、症状が長引いてしまっている場合があるのです。

逆に、数例ですが事故後2~3日の間に鍼灸治療を開始できたケースでは、
ご本人やご家族の方が想像している以上に症状の寛解が早く、仕事や学校への復帰も早くできたと、喜びの声を頂けています。

当然、事故の深刻度や重症度により体感の個人差はあるものですが、
また「必ず事故前の体の状態に戻る」ということをお約束できるわけではありませんが、
病院での治療と鍼灸治療を併用することで症状の寛解は早くなると、自信を持って申し上げます。

また、事故後の様々な手続きや連絡、交渉などに当たり続けることは、心身共に非常なる消耗を強いられます。
体の状態を少しでも整えておくことで、それらにうまく対応できるようになると期待できます。

不幸にして交通事故により痛みやけがを抱えてしまった場合は、
ぜひ鍼灸治療という選択肢を併せていただきたいと思います。

 

二点目として、治療代金のご心配はまず必要ないということを強調しておきます。
もちろん損害賠償保険に加入している場合が望ましいですが、自賠責保険のみでも鍼灸治療料金程度は問題なく支払われる額面です。
保険加入状況や事故の過失割合によってケースバイケースではありますが、
まず鍼灸治療代も損害賠償保険から支払われますので、ご不明な点はお尋ねください。

それから、ある患者さんの
「病院(交通事故の場合は主に整形外科)や相手方の保険会社から、鍼灸治療の利用は不可ですと言われた」
とのケースに対してご説明します。

患者さんには「医療選択の自由」があるため、病院や保険会社が患者さんに対して選択を狭めることを言われたとしても、それに従う義務はありません。
国家資格によって「医療の一部」として認められている鍼灸院での治療は、患者さんの正当な選択肢です。
医師の指示が基本となることは医療として当然なのですが、
患者さんの選択の意思は何よりも尊重されるものです。

ぜひ「ご自分の体をできるだけ早く回復させる」という目的のために、鍼灸治療を併せてみていただきたいと思います。

最後に、医師をはじめとする医療機関の方々と、損害保険会社の方々へ。

交通事故の後遺症に悩んでおられる患者さん、被害者の方が鍼灸治療の併用をご希望なさった場合、
当院も全力で治療にあたらせていただき、患者さんの一日も早い回復、社会復帰を応援いたします。
また、施術料金算定においては「労災における料金規定」に沿っております。

当院での交通事故患者さんの治療では一定期間ごとに施術報告書等でご報告し、その都度の指示も仰いでおりますので、
全ての関係者が患者さんのために動いてくださることを願っております。

 

提携して頂ける医院様・企業様を募集しています

ブログではなくお知らせの部類となりますが

当院では、病院、歯科医院、企業さまとの提携が可能です。

皆様のお仕事に対して、はり・灸を様々な形で活用していただければ幸いです。

「まずは試しに3か月間使ってみよう」でも一向にかまいません。

 

当院としては、もっと多くの方々にはり灸の良さを知って頂きたいとの思いが強くあります。

ですので、

・従業員さまへの福利厚生として。

・各病院や歯科医院などへの患者さんへ、更なる体調の回復や健康増進の力添えとして。

など、皆様のお仕事に何らかの形で携わることができればと考えています。

 

従業員様に対する福利厚生では、ひと昔前では飲み会や旅行が主流でしたが今はそれも減り、

形を変えて様々なものがあると伺います。

従業員様の体調を整え、疲れを取って様々な不調を未然に防ぐことは

業務効率が良くなることが見込め、個人のみならず会社やチームの生産性向上にもつながる、

福利厚生本来の目的に適い、その最たるものと言えます。

 

効率の悪い睡眠が続くことによる「睡眠負債」という言葉は耳にしたことがある方もいらっしゃると思います。

健康な体のためには質のいい睡眠は欠かせませんが、

極度に疲れていたり、作業効率が落ちている状態で残業し続け、結果として睡眠時間まで削ってしまう状態に陥ってしまいっている方もいます。

 

「睡眠負債」の経済損失効果は私たちが想像している以上に大きいもので、

その損失を出さないために「夜よく眠ろう」と思うと、

実は「夜よく眠る」には「適度に健康な体」が必要です。

 

個人個人が生活のリズムを見直して解決することができる場合もありますが、

会社として、組織として、大切な従業員様や顧客の方々の健康に対して少し補助をしていただければ

そこに関わる誰もが得をし、生き生きと暮らすことができるようになります。

 

先程申し上げたように、「まずは一定期間だけ試してみよう」という程度でもかまいません。

御社の従業員様や対象顧客の人数や、ご予算、時間や頻度などどのような形での導入をご検討か、当院までお知らせください。

お問合せは0868-54-0238(はりきゅうのすすめ 大林)

またはinfo@harisume.comまで、お気軽にお願い致します。

 

では、どうぞよろしくお願い致します。

指導者研修へ

「院長ブログ」として初めて投稿します。

2017年4月より、月に一回の頻度で所属する「東洋はり医学会」の本部へ指導者研修に行っています。
現在は「東洋はり医学会 瀬戸内支部」の支部長として活動していますが、
本部が提唱する経絡治療を後進に指導していくための研修プログラムを、1年間かけて履修していきます。
伝統的な鍼灸の技術である経絡(けいらく)治療を後進に伝えることで、今よりもさらに多くの人たちの手助けにつながると考えています。

研修会は日曜日ですが、前日より東京滞在の日程を組むため、土曜日の午後をお休みさせていただく日が出てきます。
皆様にはご迷惑をお掛けいたしますが、ご理解の程お願いいたします。