岡山県のまん延防止措置発令に伴う当院の方針について

※5月14日に緊急事態宣言へ変更される決定がなされましたが、当院の考え方と対策に変更はありません※

昨日5月13日から5月末まで、Covid-19感染者数増加に対して岡山県にもまん延防止措置が発令されることとなりました。

施設利用の制限や不要不急の外出が求められていますが、昨年の全国への緊急事態宣言時と同様に当院は通常どおりす。

鍼灸院は休業要請施設に該当していませんし、生活必要度の高い業種として業種別感染対策ガイドラインの指針に従い、
必要な対策を講じたうえで通常どおり営業しています。
もちろんこれまで以上に消毒等衛生管理と感染対策に努めてまいりますので、安心して治療へお越しください。

 

補足しますが、感染対策に必要な基本的なことを徹底し、「やっている感」だけのものはおこないません。

基本的なこととは
・手洗い
・アルコールによる手指消毒、人が触れたところの消毒
・マスク着用
・常時換気
・消毒前の手で目・鼻・口を触らない
・くしゃみや咳などのエチケット徹底

 

家庭内、治療院内ではこれらの基本的なことで十分です。

反対に「やっている感」を出すものとは
・マウスガード、フェイスガード
・紫外線や消毒剤噴霧での「空間除菌」

などです。

空間を除菌するために消毒剤を噴霧する場合、人間がそこにいられる程度ではウイルスへも影響がないとされ、
ウイルスへ影響を出すほどの濃度で空間へ消毒剤を散布した場合、それは人体へも有害です。

マウスガードはテレビ出演者などでも未だに着用している姿を見ますが、飛沫対策にはなりません。
また暑くなってきてウレタンマスクも利用したくなりますが、これも不織布マスクに比べて性能が劣ります。

コロナ禍の一年半ほど時間が経ち、たくさんの知見が積みあがっています。
ワクチンについても書かないければいけないと思っているのですが、
とにかく日常での感染対策については、基本に忠実な対策をおこなえば必要以上に恐れる必要はありません。

人としゃべるときはマスクを着ける。
こまめに手を洗い、消毒する。

まずは基本を徹底しましょう。

余力がある人は、郵便物や買ってきた品も消毒するなどできればほぼ満点です。

毎日発表される感染者数やニュース内容にばかり目を奪われてしまうと、気持ちも沈んできてしまいます。
気持ちが沈むと体の症状となって、めまいや頭痛、肩こりや不安感、背中の痛みや便秘や下痢など出てくる場合があります。

そうなる前に、外に出て伸びをして、季節の移ろいに五感を向けてみましょう

体の感覚が刺激されると、不思議と思考回路もスッキリとしてくるものです。

それでも体や気持ちがしんどくなってしまう方は、気軽に治療相談へお越しください。
体の気の巡りに対して軌道修正のお手伝いができますので、治療をきっかけに体の良いリズムを取り戻していっていただければと思います。

カテゴリー 五黄のトラの、けいらくの日々新着トピックス タグ .