春の過ごし方

3月も最終盤で、桜の花が満開の素敵な季節になっていますね。
川沿いや通りの桜並木が一斉にピンクに染まると、それだけで心が弾みます。

新型コロナ情勢はまだまだ油断できない状況ですが、それでも時間は進み、年度末になりました。
卒業や進学、就職、異動など環境が変わり新生活となる方がとても多い時期ですね。

当院に通ってきていた中学生の子も高校生の子も、無事受験を終了しそれぞれの進路に向かっていることを頼もしく見守っています。
ちょっと上から目線で恐縮ですが…これから先の人生でも、体調面、メンタル面で困ったときには鍼灸を選択肢に入れてくれると嬉しいですね。

 

環境が変わり、季節の気の動きもめまぐるしい状態が続きますので、体調を崩す方や、持病の症状が出てくる方も多いです。
対策としては

・できるだけ外気に肌をさらさない。特に夕方以降。

・睡眠時間の確保

・よく噛んで食べる

・ゆったりのびやかにストレッチをする

旧暦ではあと二週間ほどが「春」で、その後「春の土用」に入り、5月の頭に「立夏」を迎えます。
春のうちは草木の成長と同じように自分の気を伸びやかに巡らせることで、季節に合った体の状態に近づけます。
そのためのストレッチということですね。

「不通即痛 通即不痛」

という漢方の言葉があります。
通じなくなれば痛み、通れば痛まずということですが、何がと言えば「気血」のことです。

痛みは気血がうまく流れていないから。
気血がうまく流れていれば痛まない。

単純な「血流」というだけではないのが東洋医学の面倒くさいところですが、
流れが滞ったり、流れるものが不足していたりすれば、流れは澱み、不要なものが溜まります。

川の水の流れをイメージするとわかりやすいですね。
水たまりの底にはドロドロしたものが溜まり、川の流れの澱みは水を濁らせます。

そういうイメージです。

季節に合った過ごし方をすることで体調を崩しにくく、不調が出にくくなっていきます。
それでも不快な症状が続くときや、どうしたらいいかわからないときはご相談ください。

皆様の4月からの生活が気持ちよく送れますように。

カテゴリー 五黄のトラの、けいらくの日々新着トピックス タグ .