ブログ「岡山県内でのコロナウイルス制圧?」

こんにちは、大林です。

先月5月12日に岡山県で新型コロナウイルスへの感染者が確認されて以降、
本日6月9日まで新たな感染者の確認が、今のところ無いようです。

潜伏期間の二倍とされる28日間にわたり新規感染者が確認されていないということで、
その地域内では新型コロナウイルスはほぼ制圧されたとみてよい、とのことです。

なんとも喜ばしいですね!

東北6県ではすでに6月5日の時点でその状態に達しており、
岡山県を含む中国地方でも県の往来がずいぶん緩和されるなど、
徐々にですが様々な社会活動が取り戻されつつあることを感じます。

東京をはじめ感染者が確認され続けている地域との往来や、
郵便物や宅配の荷物などからの感染は相変わらず気を配る必要がありますが、
岡山県内、また当院のある津山市や鏡野町内では、
「新型コロナウイルスは、ほぼ無くなった」としていいと、私自身判断しています。

当然のようになった院内や道具の消毒、手洗いとアルコール消毒、マスク着用などは
相変わらず続けていますし、3月や4月のころの対応となんら変えることはありませんので、
今までよりもさらに安心して鍼灸院へお越し頂ければと思います。
ただ、予約を少し詰める可能性があります。その点はどうかご了承ください。

コロナで疲れた人も、
日常が再開して疲れた人も、
朝晩と日中の気温の差にやられてしまっている人も、
急に冷たいものを食べすぎてお腹がやられてしまった人も、

よければ一度診させていただければ、後々長引かないで済む体に戻していきます。

厚労省の内部の話として今後も散発的なクラスター発生はあるだろうということと、
秋冬の流行を見越しているとの話も聞いていますので、
私たちは自分が今以上ウイルスを媒介しないよう、個々でできる対策をしたうえで、日常をしっかり楽しく過ごしていきましょう。

Posted in 五黄のトラの、けいらくの日々, 新着トピックス and tagged , , , , , , , , , .