押してもだめなら…

こんにちは、大林です。
今日は治療の考え方のお話を…。

当院では、「ほかに行っていたけど、なかなか良くならないから…」と
おっしゃる患者さんがわりと頻繁にお見えになります。
いわゆる「最後の砦」「藁をもつかむ…」という位置づけになりやすいのが鍼灸ですね。
だって痛そうですし、よくわからないし…ある意味仕方ないことでもあります。

また他の院と言っても病院、接骨院、整体院、鍼灸院…様々です。
中には何年もかけて何か所もめぐって、「最後に鍼でもいいから」とうちへたどり着いてくださる方も。

そういう方々の身体を診ると、
・痛い箇所は基本的に固く、しかも深い
・全体的には体の気は虚してしまっている
・流れ方も悪く、色つやも少なく、肌に元気な感じが少ない

だいたいこんな感じで、症状が出てから長いため身体の気が不足し、
本来なら自分の身体で治せるものもうまく治せない状態に陥っています。
また、痛い場所、主訴部の表面は力なく虚しているけれど、その奥に固く滞った塊が触れます。
そして仕方のないことですが、ご本人には「体の気が虚している」自覚はないです。
なのでいつも通りの生活を送り、「どうして治らないんだろう」「痛みがすぐぶり返すんだろう」とお困りなのです。

このような方々の治療は、押して押して、足し算ばかりの治療ではなかなかうまくいかないことが経験的にわかっています。

押してダメなら引いてみるのです。

つまり、「治療量を減らす」「刺激する量を減らす」ことが、
身体の働きを呼び覚ます鍵となります。

マッサージにしろ、接骨院での電気や手技療法にしろ、
症状が取れてこないと「もっともっと」となりがちです。
これは患者さんも、施術者側も同じだと思います。
「あれがだめならこれも、これがだめならそれも加えていこう」
「これだけやったんだから、何かが変わってくれるだろう」
となるのが人情でもあり、西洋医学的な考え方の主流でもあるからです。

そこに少ない刺激で身体の様子を伺うようにそーっとした治療で身体の気を補うと、
身体が「今までのと何か違うぞ…?」という感じで反応します。

例えば

子供たちが騒いでいる教室で、先生もそれに負けないよう大きな声で「静かにしなさーい!」と言い聞かせようとしている状態と、
騒いでいる子供たちに対し静かに待つ先生を見て、生徒たちの中から「ちょっと静かにしよう」と自発的な動きが出てくる状態と…。

そんな感じを思い浮かべるとイメージしやすいかもしれません。
どちらがその場に適しているかはその都度の判断ですが、
今回ご提案しているのは後者なのです。
身体からの反応を待つのです。それを呼び起こせるだけの少ない刺激量で。

これには、患者さん自身もある程度の我慢が必要になります。
「早くどうにかしたい、してほしい」という焦りの気持ちの我慢です。

そればかりは申し訳ないですが…
今まで時間をかけて作り上げられてしまった体の状態が変わるには、
ほとんどの場合数週間~数か月はかかります。

ですがその間も少ない刺激の治療を受けた体は変化し続けます。
その変化をできれば楽しんでいただきたいし、「気の調整」を受けていただいたからには楽しみに観察していただきたい。

鍼灸はときに魔法のように劇的な変化を起こすこともありますが、
魔法のように見えるだけで、実は魔法ではありません。

その後、身体の働きが底上げされた後で以前に行っていた治療院さんの治療を受けると、
前よりも良い効果を実感しやすかったり…そんなこともあるものなんです。

半年以上、ときには何年も同じ症状に苦しめられている方が多くおられます。
足し算の治療から引き算の治療へ
少しばかり方針転換を考えてみられるのもいいと思います。

今かかっておられる治療院の先生や病院の先生にも、
「治療手段のどれかを止めて、身体の変化をみる」という相談をしてみられると、
きっと良い方法を一緒に考えてくださると思いますよ。

Posted in 五黄のトラの、けいらくの日々 and tagged , , , , , , .